*

「 月別アーカイブ:2014年08月 」 一覧

債権回収物語vol.5

2014/08/31 | 債権回収

vol.4に続く   競売するにあたり、まず現地を見に行く。 農家を対象としており、秋田は10人農家がいれば9人はコメ農家みたいなところがあるから、担保といってもほとんど田

続きを見る

小倉武一の見識 H26.8.31日経

今日の日経からです。 小倉武一といえば、農政では有名な人ですが、米偏重の農政を批判していました。 食料が余った1970年代、諸外国は輸出という手段を選んだのに対し、日本では減反とい

続きを見る

債権回収物語vol.4

2014/08/28 | 債権回収

vol.3より続く。 秋田は3/31まで吹雪き、4/1になるとぴったり吹雪が止まる。 そんな時期に異動した管理担当部署は、課長含めて3人だった。 3人で秋田県の実質破綻先以下300先

続きを見る

パストラル社長と会食。

熊本のアイスといえば、パストラル。市原社長のお話をお聞きしてきました。 里山で生産現場をプロデュースし、東京のマーケッターとパートナーを組むことで、中山間地が大きな力を発揮する。 農家の課

続きを見る

営農組合が農事組合法人を設立 H26.8.26日農

今日の日農からです。 営農組合を法人化したものです。 農事組合法人は、組合員3人以上、定款認証が不要、定款の印紙税もかからない、ただし議決権は出資口数に関係なく1人1議決権というところなど

続きを見る

キッコーマンが生鮮野菜生産に参入 H26.8.26日経

今日の日経からです。 農業参入の大きな課題の一つは、販路の確保です。 アメリカ有力ブランドと提携して販路を確保しようという試みです。   ーーーーーーーーーー

続きを見る

省エネ補助金が拡大 H26.8.26日経

今日の日経からです。 省エネ補助金の枠が広がるそうです。 燃油代の高騰、電気料金の上昇でランニングコストが増えている中、こうした投資を行うことで、経営の安定化に資するものと思われま

続きを見る

債権回収物語vol.3

2014/08/25 | 債権回収

vol.2より続く。   償却について、もう少し書いてみよう。 償却のためには、「これ以上回収は難しい」ことを疎明する必要がある。 疎明とは、証明とは違う。「そうだろ

続きを見る

債権回収物語vol.2

2014/08/23 | 債権回収

vol.1http://h-maenosono.com/債権回収/289.htmlから続く   年始に管理担当主任調査役付というやたら長い名前の部署に配属となった私にまず待ってい

続きを見る

農福連携 H26.8.23日農

これも興味深い記事でした。 農業と福祉との連携で、農福連携です。 ーーーーーーーーーーーーー 福島県泉崎村にある社会福祉法人「こころん」は、養鶏事業の他、就労継続支援B型事業(障害者

続きを見る

酪農の流通 H26.8.23日農

今日の日農からです。 熊本は西日本最大の酪農地帯ですので、TPPの影響を大きく受けると思います。 ーーーーーーーーーーーーーー 生乳は毎日生産され貯蔵できないため、特に需給調整が重要

続きを見る

豚肉の関税制度 H26.8.22日農

TPPで関税交渉が注目されていますが、まずは現状をよく知らねばなりません。 ということで、今日の日農からです。 ーーーーーーーーーーーーー 豚肉は国産品と輸入品との品質差が、牛肉ほど

続きを見る

石炭火力からCO2回収 米が最大設備 H26.8.22日経

今日の日経の夕刊です。 原子力発電が止まった現在、日本でも石炭火力発電所がフル稼働しています。 石炭火力はCO2の排出量が大きいのですが、CO2を回収して、それを原油層に注入し、C

続きを見る

債権回収物語vol1

2014/08/21 | 債権回収

「債権回収 熊本」で検索されている方が多いようなので、これから、「債権回収物語」を始めたいと思います。 実体験をベースにいろいろなエピソードをミックスしながら小説風に書くことにします。守秘義務の

続きを見る

耕作放棄地、企業が再生 H26.8.21日経

農地が耕作放棄されていることが、日本農業の最大の問題だと指摘する人もいます。 今まで、農業参入した企業には、耕作放棄地など条件不利地があてがわれてきました。 ソーラーシェアリングで

続きを見る

農協経由の農産物出荷50%割れ H26.8.19日経

今日の日経からです。 農協の存在意義が問われています。   ーーーーーーーーーーーーーー   全国の農家が出荷したコメや野菜などの農産物のうち

続きを見る

小麦について H26.8.19日農

今日の日本農業新聞の記事からです。 小麦についてまとめられていました。 ーーーーーーーーーーーー 主食用米はほぼ自給しているのに対し、小麦は需要量の約9割を輸入している。水田の転作・

続きを見る

農業経営アドバイザーに合格しました

農業経営アドバイザーに合格しました。 農業経営にフォーカスした行政書士事務所を目指します。

続きを見る

所有者不明の森林・農地 57万ha H26.8.14日経

2014/08/14 | 債権回収

これも今日の日経からです。 相続のときに、相続登記をほったらかしにしていることがあります。 自宅の土地などはそんなにないですが、山林や農地などは、登記上の所有者が明治時代の人なんて

続きを見る

卸・中食、産地に接近 H26.8.14日経

今日の日経からです。 農家が作りたい米と、中食産業などが買いたい米とのミスマッチが続いています。 これまでは消費者自らが米を炊いて、ご飯を食べていましたが、ライフスタイルの変化に伴

続きを見る

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑