*

消費者行動の理論と食料の消費1

公開日: : 農業経済学

農業資源経済学汎論の続きです。食料需要の理論についてしばらく見ていきます。

 

食料消費の決定要因は3つある。

1所得水準(実質所得)

2価格:自己価格と他財価格(代替財の価格)

3好み(選好) preference

経済学でいう選好とは、一人一人の違いよりも、集団での違いを言う。(20代と50代とで好みが違うとか)

 

1所得水準について

エンゲルの法則

消費に占める食料の割合が低くなる法則。

経済学的に言えば、食料消費支出の所得弾力性が1より小さい

食料消費E/所得I > 食料消費E+△食料消費E/所得I+△所得I ・・・※

つまり、所得が増えた分よりは、食料消費に回す分は増えないという意味です。

E(食料消費)=Pf × Df

Pf:食料foodの代表する価格

Df:foodの代表する買われる量

なので、※より、

Pf Df/I > Pf △Df/△I

これを加工すると、(△Df/Df)/(I/△I)<1 で、

所得が増えた分よりは、食料の「量」に回す分は増えないということになる。

こういう比較のやり方、2つの係数(EとI)の関係を知るときには、Iが増えた分Eは増えるのか、という弾力性の概念を用いる。単位の違うものを結びつけるのに有効。

 

で、このエンゲルの法則は、ペティークラークの法則を需要面から規定したもの。

エンゲルの法則は強い再現性があり、これは人間の本能に根ざしたものである。

 

2の価格

については次回。

3の好み

については、年齢(age effect)と世代(generation effect)と地域性で分けられる。

ミクロ経済学で定式化すると、、、(以下、表現が難しいので省略(笑)


関連記事

no image

農業経営学(経営戦略と競争の基本戦略、多角化)

H14年度の東京大学農学部の「農業経営学」講義から抜粋します。 <経営戦略> 1)戦略(

記事を読む

no image

農業経営学(マーケティングの4P)

<マーケティング> 新製品の開発から生産された商品が、最終消費者のところに至るまでに関係する一

記事を読む

no image

農業資源経済学汎論(食料自給率の向上が必要との意見への反論)

食料自給率を上げるべきだという話について考える。 1961年の農業基本法から、1999年の食料・農

記事を読む

先進国=非農業国、途上国=農業国は正しいのか。

農業資源経済学汎論講義より。 結論は、先進国農業は補助金で成立しており、途上国農業は搾取で成立

記事を読む

食料問題/農産物の市場の特質

経済理論というのは所得と価格で規定されていたが、最近それが通用しなくなってきた。 ガルブレイス

記事を読む

no image

農業資源経済学汎論(食料自給率の計算)

日本では食料自給率は、カロリーベースで40%となっているが、カロリーベースで自給率を見ているのは日本

記事を読む

食料需要の理論2

無差別曲線、なるものがあります。 2つの財の効用を比較したときに、同じ効用の数字に注目すると、

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑