*

農業への理解

公開日: : 農業コンサルタント

農業は、建設業などの他分野とは違い、ものを作る(make)ではなく、ものを育てる(grow)産業です。ここから、いろいろな点が他産業と異なってきます。

一番大きいのは天候に左右されるという点です。晴れれば農作業ができますが、雨が降れば農作業ができません。

従って、農業従事者には、一般の企業で認められている残業代などは発生しない(休みたいときに休めるじゃんという)という論点に発展したりします。これは就業規則を考える上で重要な論点です。

筆者は農学部出身であり、農学分野の基礎知識は持っております。また、10年間農業金融に携わってきました。農業の特殊な世界、論理、をカバーしており、農家さんからの相談にストレートに答えることができると自負しております。

また、農業参入したはいいものの、失敗して退場を余儀なくされる企業さんも見てきました。農業は成長分野の一つに位置づけられていますが、参入するにあたり、どういった点に注意すればよいのか、どういったところが成功と失敗の分かれ目になるのか熟知しています。

農業参入を検討されている企業さんのお力になれると自負しております。


関連記事

no image

キッコーマンが生鮮野菜生産に参入 H26.8.26日経

今日の日経からです。 農業参入の大きな課題の一つは、販路の確保です。 アメリカ有

記事を読む

no image

新たな機能性表示制度 H26.9.8日農

すべての食品について、機能性を表示できる仕組みが来年度からスタートするようです。 消費者庁への

記事を読む

no image

農業経営アドバイザー事前試験

先日、農業経営アドバイザーの事前試験を受けました。 農業簿記です。 農協に委託販売したと

記事を読む

no image

酪農の流通 H26.8.23日農

今日の日農からです。 熊本は西日本最大の酪農地帯ですので、TPPの影響を大きく受けると思います

記事を読む

no image

コーヒーかす飼料化 H26.9.9日農

コーヒー豆のかすを飼料に混ぜると、乳房炎が減るそうです。 スタバと酪農とのコラボ、興味深い取り

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳 第1章第2条、第2章第1条

TPPの対策関連予算ができつつあるそうです。 柱は、土地改良と、畜産クラスターと、産地パワーア

記事を読む

no image

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイ

記事を読む

no image

知的資産経営

ばたばたしておりご無沙汰になっておりました。 そのかわりといってはなんですが、 先日は、東京

記事を読む

no image

省エネ補助金が拡大 H26.8.26日経

今日の日経からです。 省エネ補助金の枠が広がるそうです。 燃油代の高騰、電気料金

記事を読む

no image

青年等就農資金

今年から、日本政策金融公庫にて「青年等就農資金」の取扱が開始されています。 といっても、県や市

記事を読む

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑