*

熊本市で小規模多機能型居宅介護施設を建てるときの流れ

公開日: : 農地転用サポート

熊本市の市街化調整区域に、小規模多機能型居宅介護施設を建てるときの流れは以下のようになります。

 

1 開発景観課(市役所11階)に行く。

農地転用が確実か、接続道路に問題がないか聞かれます。第1の関門です。

農地転用については、農業委員会に確認しに行きます。

接続道路については、土木センターに確認しに行きます。問題となるのは、「県道までの道幅」です。

小規模多機能の場合は、事務所系ということで、幅5メートル以上必要です。

 

2 高齢介護福祉課(開発景観課の隣)に行く。

ここで、事業に採択されるかどうかが第2の関門です。

8月か9月に説明会があり、採択決定は12月になります。

このタイミングを逃すと、来年になってしまいます。

 

3 採択されたら、開発景観課に事前相談

 

4 事前相談でOKが出たら、周辺住民への説明会などを行い、資料を整える。

 

5 開発景観課に正式に申請

 

6 開発許可が下りたら、開発行為(土地の整備)に入り、完了すると完了届出を開発景観課に出す。

 

7 同時に、建築確認申請を行う。

 

8 開発景観課が検査を行い、検査証をもらう。

 

9 7と8がそろって初めて、建物建築の着工ができるようになる。

 

と、長期間かかります。開発許可だけで2、3ヶ月かかるそうです。

補助金を使う場合は、翌年度になります。


関連記事

no image

農地転用とドラゴンボール

農地転用には、4条許可と5条許可とがあります。 所有者が変わらないのが4条、変わるのが5条許可

記事を読む

no image

農地の区分

農地を転用したいとなったとき、まず確認しなければならないのは、農地の区分です。 農地、といって

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑