*

事業承継には生命保険の活用が有効

公開日: : 事業承継

今朝、生命保険にについて学びました。

生命保険は、会社の三つの坂(登り坂、下り坂、まさか)に対応できる唯一のものとのこと。

登り坂で調子のいいときは、保険を使って簿外資産をためておく。

下り坂のときは、それを解約して返戻金で経営を維持する。

まさかの経営者死亡のときは、相続に活用できる。

相続に活用する意味は、

・遺産分割で現金分割するときの財源になる

・相続税の財源になる

・相続放棄しても、保険金はもらえる

・すぐ現金化できる

・寄与分の財源になる

などです。

 

経営者が不安に思っていることは、借金が一番。

この借金を返すためにも、保険に入っておくとメリットがあります。

役員借入金がある場合、会社への貸付金が相続されてしまいますが、保険に入っていれば、相殺ができる。

また、会社の借入の連帯保証人になっている場合、通常は相続人も保証債務を相続しますが、保険金があれば、それで返済ができる。

 

このように、事業承継対策に保険金は有効であることを学びました。


関連記事

no image

後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組織連絡協議会の初代会長の諸口秀

記事を読む

no image

【経営ハッカー】後継者がいない場合の農家の後継者対策について

私、クラウド会計のfreeeのアドバイザーなのですが、このたび、農業の後継者問題について執筆の依頼が

記事を読む

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑