*

コメ、産地が安値販売の見方も H26.9.4日経

公開日: : 農業コンサルタント

そろそろ新米で出回る時期ですが、今年は在庫が多いため、安値になりそうです。

西日本は「異常気象」とされましたが、もし収量が減るとなると、単価は下がるわ、収量は下がるわでダブルパンチとなりそうです。

以前は、あきたこまちで12,000円/kgを下回ると赤字になると聞きましたが、今や関東のコシヒカリでも11,000円/kgということなので、交付金がないとやってられない状況ではないでしょうか。

野菜は、その異常気象で高騰しているのですが、品目による違いが大きく表れていますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

2014年産の新米の収穫が始まるなかで、産地が抱える在庫は依然として高水準だ。流通業者には産地側が13年産米を安値販売するとの見方もあり、新米価格の下げ圧力になっている。

 今年10月末時点の13年産米の民間在庫は在庫消化に苦しんだ前年産並みの47万トンになる――。コメ卸会社でつくる全国米穀販売事業共済協同組合(全米販)はこんな見通しをまとめた。

 コメは11月から古米に代わって全国の新米がそろって流通する。この直前の10月末に古米在庫がどれだけ残っているかが、新米の需給動向を占う目安として重視される。

 農林水産省がまとめた7月末時点の民間在庫(12年産以前のコメを含む)は前年同月比1万トン(0.8%)減の119万トンだった。前年実績を下回ったのは2年ぶりだ。余剰となった13年産米35万トンを米穀安定供給確保支援機構(東京・中央)が買い取り、市場から隔離したためだ。隔離した分は飼料用や加工用として販売する。

 ただ農協など産地が持つ出荷段階の在庫をみると93万トンで、前年を2万トン(2.2%)上回る。コメの卸会社が古米消化を優先して買い付けを抑制した影響が出ている。

 全国農業協同組合連合会(全農)の6月末時点の推計では、全農が10月末に抱えている13年産米の在庫は前年産比5割増の26万トンになる。全農は11月以降に値引きして販売するもようだ。

 外食や中食業者は価格を重視する。これから古米が安値となれば、優先して使用する可能性がある。

 農水省は14年産米の8月15日時点の作柄について、主産地の東北など東日本でおおむね「やや良」と見込む一方、西日本は「平年並み」とした。その後、西日本を中心に豪雨に見舞われる地域が多く、気象庁は夏の西日本について03年以来の冷夏とした。

 西日本の大雨については「コメの品質や収穫への影響を見極めたい」(大手コメ卸)との指摘もある。しかし、前年を2割下回る水準で出回り始めた九州・四国産や関東産の早場米は、卸価格が上がる気配がみられない。13年産米の相場も安値が続いている。

 同じ農産物でも、野菜は夏の天候不順が高値の要因となっているが、在庫が潤沢なコメは様相が異なっている。

 関東産コシヒカリの卸間取引価格は13年産が60キロ1万1千円程度となっている。新米の14年産は1万円台と前年をさらに下回っている。

ーーーーーーーーーーーーーー


関連記事

no image

自民、全中に刷新迫る(H26.6.10日経)

今日の日経です。 先日、規制改革会議が全中の廃止などを提言したのを受けて、自民党が対応

記事を読む

no image

石炭火力からCO2回収 米が最大設備 H26.8.22日経

今日の日経の夕刊です。 原子力発電が止まった現在、日本でも石炭火力発電所がフル稼働して

記事を読む

no image

熊本の農業参入、九州トップ、全国4位

今日の日経からです。 熊本の過去5年間の農業参入は、県のまとめで87社、農水省のまとめ

記事を読む

no image

台湾 農訓協会の研修

H29.8.17の日本農業新聞より。 台湾では、農会(農協)の教育部門を担う「農訓協会」が、「

記事を読む

no image

自給飼料の増産 H26.8.27日農

H26.8.27の日農の論説です。分かりやすくまとめられていました。 畜産の離農が増えている要

記事を読む

no image

小麦について H26.8.19日農

今日の日本農業新聞の記事からです。 小麦についてまとめられていました。 ーーーーーーーー

記事を読む

no image

農業補助金について日経と日農の違い

今日の新聞に農業補助金のニュースが出ています。 日経ではこう書かれていました。 ーーーー

記事を読む

no image

小倉武一の見識 H26.8.31日経

今日の日経からです。 小倉武一といえば、農政では有名な人ですが、米偏重の農政を批判して

記事を読む

no image

弁護士たちと意見交換

大学の同期の弁護士や、先輩の一級建築士の方といろいろ話しました。 行政書士のサービスってのは、今後

記事を読む

no image

子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている神田譲市さんの記事が出ています

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑