*

植物工場が次々と H26.9.4日経

公開日: : 農業コンサルタント

植物工場が次々とできているようです。

以前は、レタスなどの葉ものが中心だったと思いますが、最近はトマトやイチゴなど、品目が増えているようです。

農薬も少なくて済むということで、付加価値をつけて売るにはいいかもしれません。

問題は投資価格をいつ回収できるのか?ということだと思います。植物工場建てるのも莫大なコストがかかります。電気代など運転資金も要ります。

大企業の片手間というイメージがあります。植物工場単体で収益をあげられるモデルが求められていると思います。

ーーーーーーーーーーーーー

東日本旅客鉄道(JR東日本)は3日、福島県いわき市に植物工場でトマトを生産する新会社を設立すると発表した。収穫したトマトはグループ企業が運営する飲食店やホテルなどの食材に使用する。農産物の加工や販売はこれまでも手掛けていたが、農産物を生産するのは初めて。

 農業生産法人のとまとランドいわき(福島県いわき市)と組み、4日付で新会社「JRとまとランドいわきファーム」を設立する。出資比率はとまとランドいわき50%、JR東日本49%など。

 地元の農家から2.5ヘクタールの土地を借り、2015年夏に太陽光を利用した植物工場を建設する。投資額は数億円。16年春から栽培を始める。年間生産量は600トンを見込む。トマト栽培の事業性などを検証し、他地域への展開や別の農産物の生産などを検討する。

ーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーー

 ロームは3日、植物工場でイチゴの栽培を始めたと発表した。福岡県筑後市の半導体工場内に植物工場を設け、12月から収穫したイチゴの出荷を始める。温度や照明などを管理するセンサー技術を生かし、通常の露地栽培の7~10倍の収穫量を見込む。イチゴの出荷に加え、栽培に必要なセンサーやシステムなども販売し、農業分野を新たな成長ビジネスに育てる。

 植物工場には発光ダイオード(LED)照明、温度や湿度を自動で最適な状態に調整するシステムを導入した。建屋内はクリーンルームとし、農薬の使用量は露地栽培の10分の1以下にする。栽培面積は330平方メートル。収穫量は年間14.8トンを想定する。野菜より生産管理が難しいイチゴが自社技術を生かし、収益につなげやすいと判断した。イチゴは小売り大手などに納入する。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


関連記事

no image

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。  

記事を読む

no image

農業の補助金

農業の補助金について、H21の『農業経営者』に特集が組まれていました。 要約するとこういうこと

記事を読む

no image

コメ、産地が安値販売の見方も H26.9.4日経

そろそろ新米で出回る時期ですが、今年は在庫が多いため、安値になりそうです。 西日本は「

記事を読む

no image

出口戦略から考える農業経営

先日、日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業が主催する「平成27年食と農林漁業者の交流会INくまもと」

記事を読む

no image

キッコーマンが生鮮野菜生産に参入 H26.8.26日経

今日の日経からです。 農業参入の大きな課題の一つは、販路の確保です。 アメリカ有

記事を読む

no image

JA柏崎の担い手経営コンサルティング内容

H29.8.21の日本農業新聞に、新潟県のJA柏崎の担い手への経営コンサルティング事業が紹介されてい

記事を読む

no image

耕作放棄地、企業が再生 H26.8.21日経

農地が耕作放棄されていることが、日本農業の最大の問題だと指摘する人もいます。 今まで、

記事を読む

no image

トップページを更新

トップページとプロフィールページを書き直しました。 いかがでしょうか。。

記事を読む

no image

小倉武一の見識 H26.8.31日経

今日の日経からです。 小倉武一といえば、農政では有名な人ですが、米偏重の農政を批判して

記事を読む

no image

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイ

記事を読む

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑