*

【農業融資1】スーパーL資金1

公開日: : 融資サポート

農業の公的資金について、農業経営改善関係資金というものがあります。

設備投資、規模拡大、新規作物導入などで使える制度資金です。

利子補給があったりします。

これには、農協など民間が行う農業近代化資金、日本政策金融公庫が行うスーパーL資金(農業経営基盤強化資金)、農業改良資金、青年等就農資金などがあります。

まずスーパーL資金。

「L」は、「Long」のLだと聞きます。短期資金でスーパーS資金というものがあります。

農業経営基盤強化促進法に基づきます。

認定農業者向けの長期資金で、農業経営改善計画の達成に必要となる農地等取得、改良、造成、施設機械等の取得、果樹家畜等の購入、規模拡大や設備投資に伴って必要となる原材料費、人件費、法人への出資金などが融資の対象です。

貸付条件は、償還期限25年以内、うち据置期間10年以内、融資限度額3億円(個人)、10億円(法人)となっています。

がしかし、償還期間25年目一杯の融資事例はほとんどありません。

農地でも20年がいいほうで、施設機械などは法定耐用年数を基に償還期間を計算しますので、10年や7年くらいが主流です。運転資金(公庫の職員は一般長期と呼ぶ)は5年くらいです。

据置も10年とる人は見た事がありません。長くても2年ではないかと思います。

これは、制度上の条件と、融資審査における条件が異なることによります。

 

借入の手続は、経営改善資金計画書、借入申込希望書を公庫の窓口に提出します。これは、地元農協や銀行でもOKです。原則1ヶ月以内で融資可否の回答があり、、、と一般には言われますが、ケースバイケースで、長いと半年くらいかかります。

 

順次詳しく見ていきましょう。


関連記事

ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ

小冊子「ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ」ほぼ完成しました。 目次は、こんな

記事を読む

no image

公庫と一口に言っても。

行政書士には、「公庫等金融機関への融資申込」が業務として認められています。 公庫とは、日本政策

記事を読む

「ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ」200名限定無料サービス

私はFacebookページもやっているのですが、 いいね!が200になりました!っと。

記事を読む

no image

熊本最大手の会計事務所でセミナーしました

熊本で最大手の会計事務所の一日研修の初めの講座を1時間担当しました。   弊所

記事を読む

no image

【農業融資2】スーパーL資金2

スーパーL資金を申し込むときには、経営改善資金計画を作成します。 農家の方にはこれが作れない人

記事を読む

no image

「ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ」の感想

弊所作成の小冊子、「ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ」 を読まれた税理士の先

記事を読む

no image

資金調達プロの「お勧めの専門家」として紹介されました

資金調達について今年は特化していきたいと思っていますが、「資金調達のプロ」というホームページで紹介さ

記事を読む

no image

起業・廃業に低利融資(H26.6.3日経)

今日の日経からです。 起業だけじゃなく、廃業にも低利融資が受けられるそうです。

記事を読む

no image

セミナーしました

先週の後半は2回にわたってセミナーをしました。   ■H27.11.12(木)

記事を読む

no image

【農業融資3】スーパーL資金3

スーパーL資金の審査について見ていきます。 「農業経営改善関係資金基本要綱」に書かれていますが

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑