*

出口戦略から考える農業経営

公開日: : 農業コンサルタント

先日、日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業が主催する「平成27年食と農林漁業者の交流会INくまもと」に参加してきました。

講演は、オイシックス株式会社から、「出口戦略から考える農業経営」と題して、オイシックスの商品戦略についてお話がありました。

オイシックスというのは、日本最大級の食品宅配スーパーですね。「自分の子どもに食べさせられる商品」をキャッチフレーズに、独自の安全基準をクリアした商品を扱っています。利用者は75万人超、取引農家は1000軒とのことです。

興味深かったところを、以下列記してみます。

 

・野球でいうと、生産者はピッチャー。ピッチャーがよければいい試合になるように、生産者がよければ、いい商品ができる。我々はよいピッチャーを探す。

 

・現今は、生産者と消費者が離れているので、情報開示、透明性が大事。消費者は、知らないから不安になる。大丈夫です、と言うだけでは効果はなく、徹底した情報開示が重要。

 

・顧客経験ごとにトップページを変えている。未購入者向けのページは、汎用性のある商品を打ち出す。購入経験者向けのページは、他の商品の案内がある。定期購入者向けのページでは、希少な商品を案内する。いいものは、必ず定期購入者向けに案内する。

 

・名店の寿司職人は、まずお客さんに「嫌いなものはないですか」と聞く(ノックアウトファクターという)。商品の上手い説明を聞いても、消費者は分からないので、商品がお客さんの何に貢献するのかを考える。

 

・保険のコールセンターでは、交通事故があった際、まずは「大丈夫ですか、ケガはありませんか」と気遣いに1分をかける。冷静にさせる。保険の商品は同じなので、オペレーターの対応で決まってしまう。

 

・ジャパネットたかたは、商品スペックの説明はしない。商品がない生活がいかに惨めかを訴えているだけ。つまり使い方の提案をしている。

 

・消費者と生産者の「おいしい」は異なる。消費者の「おいしい」は、だいたい旅先で親しい人と食べた食事。味はほとんど覚えていない。生産者は、自分の作っているものがおいしいと思っている。

 

・日、米、アジアの製造業の強みと製品特性について。アメリカ、アジアは、汎用ソフトやDVDプレイヤー、デスクトップパソコンなど、誰でも作れるものに強い。日本は、自動車やゲーム機器など、開発と生産が一体となって作り上げる(誰でもは作れない)ものに強い。

・これを食品産業にあてはめると、日本は、日本酒や伝統郷土食などに特化すべきではなかろうか。

 

・日本人は1番を決めたがる。そうすると、負け組が増える。ヨーロッパでは1番を決めない。各々の個性を評価し、負け組を作らない。

 

・日本酒はキラーコンテンツ。安定需要。その地域で作っている米を使っている日本酒はほとんどない。ここは焼酎との違いであり、日本酒の弱いところ。

 

・食材セット、惣菜が売れている。料理の時間を節約する。これはファミリーに「家族の時間」を売っている。震災、リーマンショック以降、家族での食卓を大事にする人が増えた。

 

・産地と小売のバリューチェーン化の課題はロスが多いこと。売れ残りが多い。産地で惣菜化すれば、売れ残りを肥料にできるので、ロスが減る。

 

・中国の農業生産の6割は山東省。農業に適している。そこでも、PM2.5で日照が少なく、トマトは作れない。中国は、失業率が低いことから、多少危険な食品があっても、別に問題ないと構えている。高所得者層はきちんとしたものを食べている。完全にダブルスタンダードな国。

 

・海外で売れるのは果物。りんご、いちご、もも、みかん、でこぽん、柿、メロン、すいか。酸が少ないのが売れる。逆に、米やトマトはいまひとつ。米は、炊きたての匂いが嫌いだという人が多いこと、冷めてもおいしいという売り方が通用しないこと(そもそも冷めたものは食べない)、以前は古米が多かったのでイメージが悪いことなどが原因。トマトは、生で食べる習慣がないのが原因とみられる。

 

とりとめのない感じですが、勉強になりました。


関連記事

no image

省エネ補助金が拡大 H26.8.26日経

今日の日経からです。 省エネ補助金の枠が広がるそうです。 燃油代の高騰、電気料金

記事を読む

no image

青年等就農計画の注意点

熊本県の出先機関から聞き取った内容です。 新規就農の際に、青年等就農計画をだして認定されれば、

記事を読む

no image

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   -

記事を読む

no image

耕作放棄地の課税強化 H26.9.10日経

耕作放棄地の固定資産税を増税するようです。 農地を貸した人には固定資産税をゼロにするこ

記事を読む

no image

【NEWS LETTER】今月の農業経営〜地理的表示保護制度〜

〜メルマガからの転載です〜 熊本も暑くなってまいりました。 本日6/1は、私が行政書士登

記事を読む

no image

JA柏崎の担い手経営コンサルティング内容

H29.8.21の日本農業新聞に、新潟県のJA柏崎の担い手への経営コンサルティング事業が紹介されてい

記事を読む

no image

12/7熊本朝日放送 K-Tube

本日(H27.12.7)の18:54〜、熊本朝日放送のK-Tubeという番組で放映されました。

記事を読む

TPPの真相

昨日、鈴木宣弘東大教授が熊本に来られ、講演をされましたので、聞きにいきました! 以下は、そのと

記事を読む

no image

農協経由の農産物出荷50%割れ H26.8.19日経

今日の日経からです。 農協の存在意義が問われています。   ーー

記事を読む

no image

全農を株式会社化(H26.6.7日経)

今日の日経です。 全中の解体、全農の株式会社化はもう既定路線のようですね。 全中

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑