*

知的資産経営

ばたばたしておりご無沙汰になっておりました。

そのかわりといってはなんですが、
先日は、東京にて日本行政書士連合会主催の中小企業支援フォーラム
があり、それに参加してきましたので、その内容をシェア
したいと思います。

行政書士ができる中小企業支援とは何なのかということで、
メインは「知的資産経営」というものでした。

聞き慣れない名前かと思いますが、知的財産とは違います。

農業でいうと、知的財産といったら、種苗権などですが、
知的資産というのは、それら知的財産を含む経営の強みを
生み出す源泉のことです。

大きく分けると3つあり、「人的資産」「構造資産(事業のしくみ)」
「関係資産(事業の環境)」です。

それらの観点から、経営の強みを把握してみましょうということですね。

それが何の役に立つのかと思われるかもしれません。

昨年、金融庁のモニタリング方針で「事業性評価に基づく融資等」という
表現が使われ、金融業界で物議をかもしているそうです。

決算書の数字にとどまらない、「事業性」を評価しなさいということですが、
従来、「定性情報」と呼ばれていたものです。
決算書の数字に出てこないもの、
たとえば、社長の経歴とか、従業員の技術とか、健康状態とか、いったもの
ですね。

特に農業の場合、決算書の数字よりも、代表者の人柄とか、人となりが重要
になることが多いです。

そういう事業性評価を行うにあたり、知的資産経営報告書が重要な書類になる
ということでした。

実際に、知的資産経営報告書を公庫などの金融機関に出して、
創業融資を勝ち取った事例もあるそうですし、
そのフォーラムに出席していた日本公庫の支店長が「大変ありがたい資料です」
とコメントされていたのが印象的でした。

その点、農業は知的資産だらけですので、これをポイントをおさえて
まとめる書類があれば、金融機関側にとっても、借入側にとっても
役に立ちますね。

行政書士の中小企業支援といったら、補助金とか公庫資金とかいうのが
思い浮かびますが、知的資産経営という観点からも支援が可能ということで、
これから取り組んでいきたい分野の一つです。

★補助金情報
3月は補助金シーズンでもあります。

創業補助金:3/31まで。補助率2/3、上限200万円。
小規模企業持続化補助金:1次締切は3/27まで。補助率2/3、上限50万円。
ものづくり・サービス補助金:5月までですが、3月中には準備しておきたいところです。

なお、農業関係で、6次化補助金も発表されています。

・6次産業化ネットワーク活動交付金
ネットワーク活動「推進」交付金と、ネットワーク活動「整備」交付金の2つです。
「推進」のほうは、県段階や市町村段階で6次産業化戦略・構想をつくる取組みを
支援するということですが、詳細は要綱の発表待ちのようです。
「整備」のほうは、融資を活用して6次産業化に取り組む場合に必要な加工販売施設
が対象となってます。融資が前提ということですね。


関連記事

no image

コーヒーかす飼料化 H26.9.9日農

コーヒー豆のかすを飼料に混ぜると、乳房炎が減るそうです。 スタバと酪農とのコラボ、興味深い取り

記事を読む

no image

農業経営基盤強化準備金

青色申告をしていて、 認定農業者で、 経営安定対策交付金をもらっている方(要するに減反に

記事を読む

農業経営アドバイザーに合格しました

農業経営アドバイザーに合格しました。 農業経営にフォーカスした行政書士事務所を目指します。

記事を読む

no image

省エネ補助金が拡大 H26.8.26日経

今日の日経からです。 省エネ補助金の枠が広がるそうです。 燃油代の高騰、電気料金

記事を読む

no image

生物売却収入

農業において、牛、豚などは「生物」という固定資産です。 固定資産を売ったとき、どんな仕訳になる

記事を読む

no image

九州は出生率が高い(H26.6.5日経)

言うまでもなく人口は経済の重要なファクターですが、日本は人口減が続いています。 ピーク

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳 第1章第2条、第2章第1条

TPPの対策関連予算ができつつあるそうです。 柱は、土地改良と、畜産クラスターと、産地パワーア

記事を読む

no image

JAバンクの金融を中金に移すというが(H26.5.14日経)

JAバンクの金融業務を農林中金と信連に移すそうです。 実態として、農林中金も信連も単位農協を窓

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳2 第1章第1条

第1章 さいしょのきまりだぴょん 第1条 目的 1 この決まりは、あたしたちの間でTPP

記事を読む

no image

今後の為替の方向感

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どうい

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑