*

TPP女子高生翻訳1 序文

公開日: : 農業コンサルタント

TPPの対策が種々取られようとしています。

そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたいと考えます。

単に訳すのはつまらないので、女子高生風に訳してみます。あくまで私訳ですので、信用しすぎないようにしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめに

ブルネイ、チリ、ニュージーランド、シンガポールの政府(この先は、文脈で分かる以外はまとめて「あたしたち」か個別に「加盟国」と呼ぶよ)は、決めたの。

あのね、あたしたちの友情と協力の特別なきずなを強くするよ。

あたしたちの関係の枠組みを広げたいの。アジア太平洋地域の戦略的な提携を作り出すために、貿易と投資を自由化したり、より広く深く協力したりしてね。

でね、調和のとれた発展と世界貿易の拡大に貢献するよ。んで、世界会議でのより広い協力を進めるよ!

ってことは、広くて安全な市場を作るんだ。あたしたちの地域のモノとサービスの両方のね。

互恵貿易のゆがみを避けるよ。んで、貿易のルールを明確にするの。

あと、ビジネスの計画と投資のための商業的な枠組みを予測できるよう明確にするの。

あーでも一応、WTOを作ったときのマラケシュ協定や、多国間や二国間の協定や取り決めに基づくそれぞれの権利と義務が基礎となるよ。

それから、APECの目的と原則を守るの確かめるね。

もっかい確かめるよ!「競争と規制改革を促進するためのAPEC原則」を守るよ。競争へのゆがみを最少限にする規制の設計とか、競争のプロセスを守り促進するためにね。

話変わるけど、忘れないで!経済成長、社会の発展、環境保護は、お互いに独立でないし、持続的な成長のためお互いに依存しあう要素ってこと。あと、より緊密な経済連携が持続的な成長を進めるために大事だってことね。

まー言いたいのはさ、世界市場でのぼくたちの会社の競争力を強化するんだ。

想像力とイノベーションを育てて、あたしたちのモノとサービスの貿易を促進するため、知的財産権の保護をすすめるよ。

繰り返しになるけど、戦略的な経済連携を強化するよ。経済的、社会的な利益をもたらしたり、雇用の機会を増やしたり、生活基準を良くするためにね。

あーでもね、国内の政策目標を達成するために、それぞれの国が規制をかける権利を持っていることには賛成だよ。

もち、公共の福祉を守る柔軟性は守るね。

もち、みんな関心のある労働問題と環境問題への協力を広げるよ。

よーするにね、アジア太平洋地域の共通の枠組みを推進するよ。他の経済圏にこの協定への加盟を促すことを約束するね。

以下のとおり決めちゃった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

PREAMBLE

The Governments of Brunei Darussalam, the Republic of Chile, New Zealand and the Republic of Singapore, (hereinafter referred to collectively as the “Parties” or individually as a “Party”, unless the context otherwise requires), resolve to:

STRENGTHEN the special links of friendship and cooperation among them;

ENLARGE the framework of relations among the Parties through liberalising trade and investment and encouraging further and deeper cooperation to create a strategic partnership within the Asia – Pacific region;

CONTRIBUTE to the harmonious development and expansion of world trade and provide a catalyst for broader cooperation at international forums;

CREATE an expanded and secure market for the goods and services in their territories;

AVOID distortions in their reciprocal trade; ESTABLISH clear rules governing their trade;

ENSURE a predictable commercial framework for business planning and investment;

BUILD on their respective rights and obligations under the Marrakesh Agreement establishing the World Trade Organization and other multilateral and bilateral agreements and arrangements;

AFFIRM their commitment to the Asia – Pacific Economic Cooperation (APEC) goals and principles;

REAFFIRM their commitment to the APEC Principles to Enhance Competition and Regulatory Reform with a view to protecting and promoting the competitive process and the design of regulation that minimises distortions to competition;

BE MINDFUL that economic development, social development and environmental protection are interdependent and mutually reinforcing components of sustainable development and that closer economic partnership can play an important role in promoting sustainable development;

ENHANCE the competitiveness of their firms in global markets;
FOSTER creativity and innovation, and promote the protection intellectual property rights to encourage trade in goods and services among the Parties; 1

STRENGTHEN their strategic economic partnership to bring economic and social benefits, to create new opportunities for employment and to improve the living standards of their peoples;

UPHOLD the rights of their governments to regulate in order to meet national policy objectives;

PRESERVE their flexibility to safeguard the public welfare;
ENHANCE their cooperation on labour and environmental matters of mutual interest;

PROMOTE common frameworks within the Asia – Pacific region, and affirm their commitment to encourage the accession to this Agreement by other economies;

HAVE AGREED as follows:


関連記事

no image

【NEWS LETTER】今月の農業経営〜地理的表示保護制度〜

〜メルマガからの転載です〜 熊本も暑くなってまいりました。 本日6/1は、私が行政書士登

記事を読む

no image

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイ

記事を読む

no image

小麦について H26.8.19日農

今日の日本農業新聞の記事からです。 小麦についてまとめられていました。 ーーーーーーーー

記事を読む

no image

植物工場が次々と H26.9.4日経

植物工場が次々とできているようです。 以前は、レタスなどの葉ものが中心だったと思いますが、最近

記事を読む

ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ

小冊子「ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ」ほぼ完成しました。 目次は、こんな

記事を読む

no image

農業への理解

農業は、建設業などの他分野とは違い、ものを作る(make)ではなく、ものを育てる(grow)産業です

記事を読む

no image

キッコーマンが生鮮野菜生産に参入 H26.8.26日経

今日の日経からです。 農業参入の大きな課題の一つは、販路の確保です。 アメリカ有

記事を読む

no image

農協改革のおもしろい意見 H26.8.8日経より

今日の日経にフューチャーアーキテクト社長の金丸恭文氏(規制改革会議で農業ワーキンググループの座長)の

記事を読む

no image

JAバンクの金融を中金に移すというが(H26.5.14日経)

JAバンクの金融業務を農林中金と信連に移すそうです。 実態として、農林中金も信連も単位農協を窓

記事を読む

no image

消費税が上がれば得する業態

消費税が上がって、のど元を締め上げられるように経営が苦しくなる中小企業が増えています。 ところ

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑