*

TPP女子高生風和訳2 第1章第1条

公開日: : 農業コンサルタント

第1章 さいしょのきまりだぴょん

第1条 目的

1 この決まりは、あたしたちの間でTPPを作るものなんだけど、みんなの関心とかみんなの地域の関係を深めることに基づくものなのね。

2 この決まりは、特に商業、経済、金融、科学、技術、協力の分野をカバーするわ。この決まりの利益を広げたり豊かにするために、あたしたちがいいっていえば、他の範囲にも広がっていくかもね。

3 自由で開かれた貿易と投資という目標と一致するAPECの自由化プロセスを広げることを支援してくよ。

4 このきまりの貿易目標は、その原則や規則を通じてかなり練ったんだけど、内国民待遇とか最恵国待遇とか透明性を含んでいるの。

a)それぞれの国の領域間で、貿易の拡大と多様性を奨励するわ

b)あたしたちの領域間で、モノとサービスの貿易障壁をなくして、クロスボーダーのムーヴメントを助長するよ

c)自由貿易の領域でフェアな競争の条件を促進するよ

d)それぞれの国の領域間での投資機会を十分に増やすよ

e)それぞれの国の領域間で知的財産権の保護と強化を適切かつ効果的にしちゃうぞ

f)貿易紛争を防止したり解決するための効果的な仕組みをつくっちゃうぜ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CHAPTER 1 INITIAL PROVISIONS

Article1.1:Objectives

1. This Agreement establishes a Trans-Pacific Strategic Economic Partnership among the Parties, based on common interest and on the deepening of the relationship in all areas of application.

2. This Agreement covers in particular the commercial, economic, financial, scientific, technological and cooperation fields. It may be extended to other areas to be agreed upon by the Parties in order to expand and enhance the benefits of this Agreement.

3. The Parties seek to support the wider liberalisation process in APEC consistent with its goals of free and open trade and investment.

4. The trade objectives of this Agreement, as elaborated more specifically through its principles and rules, including national treatment, most-favoured- nation treatment and transparency, are to:

  1. (a)  encourage expansion and diversification of trade among each Party’s territory;
  2. (b)  eliminate barriers to trade in, and facilitate the cross-border movement of, goods and services among the territories of the Parties;
  3. (c)  promote conditions of fair competition in the free trade area;
  4. (d)  substantially increase investment opportunities among each Party’s territory;
  5. (e)  provide adequate and effective protection and enforcement of intellectual property rights in each Party’s territory; and
  6. (f)  create an effective mechanism to prevent and resolve trade disputes.

関連記事

no image

酪農の流通 H26.8.23日農

今日の日農からです。 熊本は西日本最大の酪農地帯ですので、TPPの影響を大きく受けると思います

記事を読む

no image

今年のコメの仮渡金

コメは、収穫後、農協に出荷した際に、一旦仮渡金という形で売上をもらいます。 そして、コ

記事を読む

週末からの動き

土曜日は、福岡に行き、九州志士の会の政策勉強会に参加してきました。 補助金にどんなものがあるの

記事を読む

no image

コーヒーかす飼料化 H26.9.9日農

コーヒー豆のかすを飼料に混ぜると、乳房炎が減るそうです。 スタバと酪農とのコラボ、興味深い取り

記事を読む

no image

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイ

記事を読む

no image

キッコーマンが生鮮野菜生産に参入 H26.8.26日経

今日の日経からです。 農業参入の大きな課題の一つは、販路の確保です。 アメリカ有

記事を読む

no image

【新規就農2】青年就農給付金(経営開始型)

平成24年度から創設されたものです。 以下の要件があります。 ア 独立・自営就農時の年齢

記事を読む

no image

TPP女子高生翻訳1 序文

TPPの対策が種々取られようとしています。 そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたい

記事を読む

no image

ナラシ特例措置 

今日の日農からです。 ーーーーー 農水省は2014年産コメで、収入減少影響緩和対策(ナラ

記事を読む

no image

全農を株式会社化(H26.6.7日経)

今日の日経です。 全中の解体、全農の株式会社化はもう既定路線のようですね。 全中

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑