*

TPP女子高生風和訳 第1章第2条、第2章第1条

公開日: : 農業コンサルタント

TPPの対策関連予算ができつつあるそうです。

柱は、土地改良と、畜産クラスターと、産地パワーアップ。

土地改良はぶっちゃけ土建業者のためにあるようなもんだと思うのですが。

畜産クラスターと産地パワーアップがどんな内容なのか、期待です。

さて、女子高生風和訳の続き。

ーーーーーーーーーーーーー

第2条 自由貿易地域をつくるのよ

この決まりをつくったあたしたちは、1994年のGATTの24条とWTO協定の一部である「サービスの貿易に関する一般協定」第5条と矛盾せずに、ここに自由貿易地域をつくっちゃうわけ。

第2章 一般的定義

第1条 こういう意味で言うね

特に決めない限り、この決まりでは、こういう意味で言っているから。

「協定」:TPP

「APEC」:アジア太平洋経済協力会議

「委員会」:17章第1条でつくられたTPP委員会

「税関」:それぞれの国の法律に基づいて、関税法・規制・政策をおこなう所轄官庁

具体的には、

1(a)ブルネイは、関税消費税庁

2(b)チリは、チリ関税局

3©ニュージーランドは、ニュージーランド関税局

4(d)シンガポールは、シンガポール税関

「関税」:モノを輸入するときのあらゆる種類の関税・課税金、輸入品についてかかる付加税・課徴金を含むけど、以下のものは含めないよ

1(a)1994年のGATTに矛盾しない内国税みたいな課税(消費税や物品サービス税も)

2(b)手数料とその他の課税のうち

1(i)受けるサービスの概算コスト以下

2(ii)国産品の直接間接の保護や財政のために輸入品に税をかけるのじゃないやつ

3©1994年のGATT第6条、1994年のGATT第6条の実施に関するWTO協定、補助金及び相殺措置に関するWTO協定の決まりに反しない全ての反ダンピング税や相殺関税

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

関税の定義が出ています。

GATT第6条とは、ダンピング対策だったら関税かけていいというものですので、TPPでも反ダンピングのためなら関税かけてよし、ということになっているようです。

なお、「相殺関税」とは、GATT第6条に定義が載っており、「産品の製造、生産又は輸出について直接又は間接に与えられる奨励金又は補助金を相殺する目的で課する特別の関税」となっています。

輸出補助金の分だけ安くなって輸入されるものに、その安くなった分だけ関税をかけるものということですね。

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

Article 1.2: Establishment of the Free Trade Area

The Parties to this Agreement, consistent with Article XXIV of the General Agreement on Tariffs and Trade 1994 and Article V of the General Agreement on Trade in Services, which are part of the WTO Agreement, hereby establish a free trade area.

CHAPTER 2 GENERAL DEFINITIONS

Article 2.1: Definitions of General Application

For the purposes of this Agreement, unless otherwise specified: Agreement means the Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement; APEC means the Asia – Pacific Economic Cooperation;

Commission means the Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Commission established under Article 17.1 (Establishment of the Strategic Economic Partnership Commission);

customs administration means the competent authority that is responsible under the laws of a Party for the administration of customs laws, regulations and policies, and

  1. (a)  in relation to Brunei Darussalam means the Royal Customs and Excise Department;
  2. (b)  in relation to Chile means the National Customs Service of Chile;
  3. (c)  in relation to New Zealand means the New Zealand Customs Service; and
  4. (d)  in relation to Singapore means the Singapore Customs;

customs duty includes any duty or charges of any kind imposed in connection with the importation of a good, and any surtaxes or surcharges imposed in connection with such importation, but does not include:

  1. (a)  charges equivalent to an internal tax imposed consistently with GATT 1994, including excise duties and goods and services tax;
  2. (b)  fees or other charges that
    1. (i)  are limited in amount to the approximate cost of services rendered, and
    2. (ii)  do not represent a direct or indirect protection for domestic goods or a taxation of imports for fiscal purposes; and

 3.(c) any anti-dumping or countervailing duty applied consistently with the provisions of Article VI of   GATT 1994, the WTO Agreement on the Implementation of Article VI of GATT 1994, and the WTO Agreement on Subsidies and Countervailing Measures;


関連記事

no image

ナラシ特例措置 

今日の日農からです。 ーーーーー 農水省は2014年産コメで、収入減少影響緩和対策(ナラ

記事を読む

no image

食品の軽減税率

9/14の日農の論説に出ていました。要するに、 食品の軽減税率が措置されると、農家は還付金を受

記事を読む

no image

農業経営基盤強化準備金

青色申告をしていて、 認定農業者で、 経営安定対策交付金をもらっている方(要するに減反に

記事を読む

no image

弁護士たちと意見交換

大学の同期の弁護士や、先輩の一級建築士の方といろいろ話しました。 行政書士のサービスってのは、今後

記事を読む

no image

今後の為替の方向感

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どうい

記事を読む

no image

農業経営アドバイザー事前試験

先日、農業経営アドバイザーの事前試験を受けました。 農業簿記です。 農協に委託販売したと

記事を読む

no image

耕作放棄地、企業が再生 H26.8.21日経

農地が耕作放棄されていることが、日本農業の最大の問題だと指摘する人もいます。 今まで、

記事を読む

no image

イオン、農地バンク活用 H26.10.7日経

今日の日経のトップ記事です。 高齢化で担い手がいなくなる農地に、大企業が農地バンクを経由して入

記事を読む

no image

農協改革(H26.6.11日経)

日経から。 向こう5年を集中改革期間とするそうです。 記事を読むと、全中は結局看

記事を読む

no image

消費税が上がれば得する業態

消費税が上がって、のど元を締め上げられるように経営が苦しくなる中小企業が増えています。 ところ

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑