*

子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている神田譲市さんの記事が出ています。肥育期間の考え方が興味深いものでした。

【内容のポイント】

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

・子牛1頭値の利益を計算して肥育期間を延ばしたり、短くしたりする

・通常20~22ヶ月の肥育期間であるが、子牛相場が安い2年前までは、17~18ヶ月に短縮。子牛相場の高い現在は、19~20ヶ月に延長。

・子牛の導入価格をカバーするには、肥育期間を延ばして肉質や枝肉重量を増やし、高単価で売る必要があるため。

・計算例

肥育コスト=720円/頭/日×2ヶ月延長(60日)=43,200円/頭の増加

収入=増体重0.9kg/日×2ヶ月延長×歩留まり55%×2,400円/kg=71,280円/頭の増加

差引 28,080円/頭の利益増加

・ただし、期間を延ばしても、枝肉重量や肉質が必ず向上するわけではない。

・今後、子牛相場が下がれば、肥育期間を短くしたほうが利益が出る。

・1頭あたりの面積を拡大(28㎡/4頭→28㎡/3頭)したことで、枝肉重量の増加につながった。堆肥の搬出頻度も減った。

・これにより、観察の時間が増え、事故率がほぼ0になった。

・子牛の導入は地元のJAに一任。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【経営へのヒント】

上記の計算だと、肥育日数を延ばせば延ばすほど利益が出るような感じもしますが、肥育日数と肉質は完全な比例関係にあるわけではないので、いずれコストが上回ります。

牛の利益は、売上単価×枝肉重量ー導入費ー1日あたりの肥育コスト×肥育日数で得られます。

式だけを見ると、導入費が高い場合、肥育日数を短くしてコストを下げるという手も考えられますが、あえて長くして売上単価を高めるという方法で、相応の目利き力が必要になる気がします。

 

 


関連記事

no image

農業補助金について日経と日農の違い

今日の新聞に農業補助金のニュースが出ています。 日経ではこう書かれていました。 ーーーー

記事を読む

no image

六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、6次化に取り組まれている広瀬徹

記事を読む

no image

耕作放棄地、企業が再生 H26.8.21日経

農地が耕作放棄されていることが、日本農業の最大の問題だと指摘する人もいます。 今まで、

記事を読む

no image

JA柏崎の担い手経営コンサルティング内容

H29.8.21の日本農業新聞に、新潟県のJA柏崎の担い手への経営コンサルティング事業が紹介されてい

記事を読む

no image

キッコーマンが生鮮野菜生産に参入 H26.8.26日経

今日の日経からです。 農業参入の大きな課題の一つは、販路の確保です。 アメリカ有

記事を読む

no image

農協改革(H26.6.3日経)

これも今日の日経から。 農協系統機関は、単位農協(市町村単位)〜県段階〜全国段階と3段

記事を読む

no image

耕作放棄地の課税強化 H26.9.10日経

耕作放棄地の固定資産税を増税するようです。 農地を貸した人には固定資産税をゼロにするこ

記事を読む

no image

新マルキン2ヶ月連続発動 H26.9.10日農

肉用牛には新マルキンという補助金がありますが、2ヶ月連続で発動されたそうです。今後も発動が続くようで

記事を読む

no image

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。  

記事を読む

TPPの真相

昨日、鈴木宣弘東大教授が熊本に来られ、講演をされましたので、聞きにいきました! 以下は、そのと

記事を読む

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑