*

後継者とアイデアの生まれる場所

公開日: : 事業承継 , ,

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組織連絡協議会の初代会長の諸口秀敏さんのインタビュー記事が出ています。

【内容のポイント】

ーーーーーーーーーーーーーーー

・10代目の農家。南イリノイ大学の新潟校→アメリカ本国の本校で土壌学→帰国して就農。

・10年後、東京農工大学大学院に入学、農作業をしながら経営の勉強をした。

・「この経営がベスト」という模範事例を研究するのではなく、「農業にはいろいろな経営の手法がある」という多様性を学んだ。

・楽しいところに人は集まる。

・以前は講演会で大学の先生を呼ぶと、難しい話ばかりで聞きに来た人が寝てしまい、来場者が年々減っていった。

・今年はコメディアンのゴルゴ松本さんを呼ぶと、来場者が増え、交流が深まった。

・楽しく農業を続けていれば、農業を楽しいを思ってくれる人はきっと増える。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【経営へのヒント】

失敗にはあるパターンがあるが、成功には決まったパターンはないといわれます。

多様性が最も生かされるのが農業と思います。

楽しい場、脳が活性化する場を作ることで、農も活性化するのかもしれません(親父ギャグ)。

 

 


関連記事

no image

【経営ハッカー】後継者がいない場合の農家の後継者対策について

私、クラウド会計のfreeeのアドバイザーなのですが、このたび、農業の後継者問題について執筆の依頼が

記事を読む

no image

事業承継には生命保険の活用が有効

今朝、生命保険にについて学びました。 生命保険は、会社の三つの坂(登り坂、下り坂、まさか)に対

記事を読む

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑