*

農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」というのがある気がします。

土地や施設を「購入」して、最初から「正社員」「技能実習生」を入れるパターン。

初期投資も固定費も高くなるため、リスクが高くなります。

世界中どこでも家族農業がメインになっているのは、固定費を変動費化できるからだといわれます。

こういう参入の場合、往々にして、販路があることが多い。ビジネスモデルとしては成り立っているようにみえます。

しかし、台風などで生産が不調になった瞬間に崩れてしまいます。

生産が安定しないことを前提に事業計画を組む必要があります。


関連記事

no image

耕作放棄地、企業が再生 H26.8.21日経

農地が耕作放棄されていることが、日本農業の最大の問題だと指摘する人もいます。 今まで、

記事を読む

no image

耕作放棄地の課税強化 H26.9.10日経

耕作放棄地の固定資産税を増税するようです。 農地を貸した人には固定資産税をゼロにするこ

記事を読む

no image

出口戦略から考える農業経営

先日、日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業が主催する「平成27年食と農林漁業者の交流会INくまもと」

記事を読む

no image

竹炭でCO2を密封(H26.6.3日経)

これも今日の日経。 今年はエルニーニョで冷夏だそうですが、地球温暖化対策のための取り組

記事を読む

no image

植物工場が次々と H26.9.4日経

植物工場が次々とできているようです。 以前は、レタスなどの葉ものが中心だったと思いますが、最近

記事を読む

no image

石炭火力からCO2回収 米が最大設備 H26.8.22日経

今日の日経の夕刊です。 原子力発電が止まった現在、日本でも石炭火力発電所がフル稼働して

記事を読む

no image

パストラル社長と会食。

熊本のアイスといえば、パストラル。市原社長のお話をお聞きしてきました。 里山で生産現場をプロデ

記事を読む

no image

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。  

記事を読む

no image

TPP女子高生翻訳1 序文

TPPの対策が種々取られようとしています。 そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたい

記事を読む

no image

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   -

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑