事業承継には生命保険の活用が有効

今朝、生命保険にについて学びました。

生命保険は、会社の三つの坂(登り坂、下り坂、まさか)に対応できる唯一のものとのこと。

登り坂で調子のいいときは、保険を使って簿外資産をためておく。

下り坂のときは、それを解約して返戻金で経営を維持する。

まさかの経営者死亡のときは、相続に活用できる。

相続に活用する意味は、

・遺産分割で現金分割するときの財源になる

・相続税の財源になる

・相続放棄しても、保険金はもらえる

・すぐ現金化できる

・寄与分の財源になる

などです。

 

経営者が不安に思っていることは、借金が一番。

この借金を返すためにも、保険に入っておくとメリットがあります。

役員借入金がある場合、会社への貸付金が相続されてしまいますが、保険に入っていれば、相殺ができる。

また、会社の借入の連帯保証人になっている場合、通常は相続人も保証債務を相続しますが、保険金があれば、それで返済ができる。

 

このように、事業承継対策に保険金は有効であることを学びました。