*

育成仮勘定

公開日: : 農業コンサルタント

農業簿記において、一般の商業簿記や工業簿記と違う点の一つに、「育成仮勘定」があります。

生物を育成し、育成費用を払った場合、いったん肥料費なり飼料費なりに計上しておいて、期末に育成費振替高勘定を用いて、育成仮勘定として計上するものです。

一般に、建設業などでは、建物を建てるときにかかった費用は、費用を直接「建設仮勘定」に経理しますが、農業の場合は、期末に計上するのですね。

これは、棚卸資産である農産物と固定資産である果樹・家畜などにかかる費用は共通するものが多く、費用が発生した都度区分するのが難しいからと言われています。

 

具体的には、、

搾乳牛の育成に関して、飼料を5百万円掛けで買いました。の仕訳は、

(飼料費)5百万円 (買掛金)5百万円

ですね。こういう仕訳を期中ずっとやっていって、期末に、たとえば

(育成仮勘定)1百万円 (育成費振替高)1百万円

とかいう仕訳をして、いまだ生物でない(搾乳牛でいえば、つまりまだ子牛を産んでいないのでお乳が出ない状態)ものを、育成仮勘定として固定資産に計上します。

 

それが、子牛を産んで、みごと「生物」となりました。となったときに、たとえば

(生物)2百万円 (育成仮勘定)1百万円

(育成費振替高)1百万円

などという仕訳をするわけです(金額は適当です)。

 

この育成費振替高は、売上原価のなかの製造原価から控除する科目です。

よって、育成費振替高を多くすると、経費が減りますので、利益が増えるのですね。

ということは、経理操作、粉飾決算によく使われる、ということです。

 

農家の決算書を見るときに注意しなければならない点の一つであります。


関連記事

no image

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイ

記事を読む

no image

コメ、産地が安値販売の見方も H26.9.4日経

そろそろ新米で出回る時期ですが、今年は在庫が多いため、安値になりそうです。 西日本は「

記事を読む

no image

農協改革(H26.6.11日経)

日経から。 向こう5年を集中改革期間とするそうです。 記事を読むと、全中は結局看

記事を読む

no image

新たな機能性表示制度 H26.9.8日農

すべての食品について、機能性を表示できる仕組みが来年度からスタートするようです。 消費者庁への

記事を読む

no image

キッコーマンが生鮮野菜生産に参入 H26.8.26日経

今日の日経からです。 農業参入の大きな課題の一つは、販路の確保です。 アメリカ有

記事を読む

no image

土作りを化学的に考える

土作りについて講義を受けてきましたので、シェアしたいと思います。 硝酸態窒素のことでした。WH

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳2 第1章第1条

第1章 さいしょのきまりだぴょん 第1条 目的 1 この決まりは、あたしたちの間でTPP

記事を読む

no image

省エネ補助金が拡大 H26.8.26日経

今日の日経からです。 省エネ補助金の枠が広がるそうです。 燃油代の高騰、電気料金

記事を読む

no image

パストラル社長と会食。

熊本のアイスといえば、パストラル。市原社長のお話をお聞きしてきました。 里山で生産現場をプロデ

記事を読む

no image

【新規就農1】認定就農者の認定申請と青年就農給付金(準備型)

従来は、「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」により、都道府県が認定する制度で

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑