*

無人ヘリとドローンを飛ばすときは事前申請が必要です

公開日: : 農業法務

改正航空法が今日施行されました。

産業用無人ヘリコプター、マルチコプター(ドローン)などの小型無人航空機の飛行基準が定められました。

農業でも、防除や播種で飛ばす場合は、事前申請が必要となり、違反した場合は最大50万円の罰金です。

国交省の許可となりますが、

無人ヘリの場合は、農林水産航空協会や無人ヘリコプター協議会などの業者が代行できます。

これは、無人ヘリのオペレーターや機体が同協会に認証されているためです。

よって、無人ヘリの場合は、そんなに面倒にはなりません。

しかし、ドローンの場合は、業者による代行申請はできません。

ドローンも無人ヘリと同様に代行申請ができるよう、農林水産航空協会は新たな制度を検討中とのことです。

 

無視すると罰金刑ですので、注意しましょう。

行政書士なら申請可能と思います。


関連記事

記事はありませんでした

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑