無人ヘリとドローンを飛ばすときは事前申請が必要です

改正航空法が今日施行されました。

産業用無人ヘリコプター、マルチコプター(ドローン)などの小型無人航空機の飛行基準が定められました。

農業でも、防除や播種で飛ばす場合は、事前申請が必要となり、違反した場合は最大50万円の罰金です。

国交省の許可となりますが、

無人ヘリの場合は、農林水産航空協会や無人ヘリコプター協議会などの業者が代行できます。

これは、無人ヘリのオペレーターや機体が同協会に認証されているためです。

よって、無人ヘリの場合は、そんなに面倒にはなりません。

しかし、ドローンの場合は、業者による代行申請はできません。

ドローンも無人ヘリと同様に代行申請ができるよう、農林水産航空協会は新たな制度を検討中とのことです。

 

無視すると罰金刑ですので、注意しましょう。

行政書士なら申請可能と思います。