*

ものづくり補助金 昨年と比較

公開日: : 農業補助金

中小企業庁のものづくり補助金、予算額1020億円と大きな予算のため、例年人気が高いです。現在公募に入っており、徹夜ウイークが始まったという方も多いのではないかと思います。

業種は問わないので、農業の方でも使うことができます。

補助率は2/3、上限1000万円(一般型)です。

産地パワーアップ事業の予算の倍、産地パワーアップと違って個人で申請できる、書面による一発勝負ということで、チャレンジする方も多いでしょう。

ただ、昨年といろいろ異なる点がありますので、注意が必要です。

そこで、公募要領をもとに昨年と比較してみました。

1 補助金の名前
昨年:「ものづくり・商業・サービス革新補助金」
今年:「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」

★補助金の名前って、霞ヶ関文学ですから、意外とあなどれません。「新展開」に今回の投資をどうつなげるのかがポイントになりそうです。

2 目的
昨年:中小企業が取り組む、革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を支援
今年:中小企業・小規模事業者が取り組む、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善のための設備投資等を支援

★「小規模事業者」「生産プロセスの改善」が明記されました。これはつまり、そういう内容にしたら通りやすいという霞ヶ関文学なのかもしれません。

3 公募期間
昨年:H27.2.13〜H27.5.8(一次)
今年:H28.2.5〜H28.4.13
★公募期間が1ヶ月短くなっています

4 公募回数
昨年:2回
今年:「原則、公募は1回限りです」
採択は、6月中を目処となっています。

5 事業実施期間
昨年:H28.6.30まで
今年:H28.12.31まで(小規模型はH28.11.30まで)
★事業実施期間も、昨年は1年間だったのが、今年は実質半年未満となっています。

6 類型
昨年:「革新的サービス」「ものづくり技術」「共同設備投資」の3つ
「革新的サービス」に、一般型(上限1000万円)とコンパクト型(上限700万円)あり。
今年:「革新的サービス」「ものづくり技術」の2つ
それぞれに、一般型(上限1000万円)、小規模型(上限500万円)、高度生産性向上型(上限3000万円)がある。

7 人件費がなくなった
昨年:直接人件費が補助対象
今年:人件費は補助対象外

8 見積書、カタログ、パンフレットの添付について
昨年:不要
今年:必須ではないが、添付しておくと採択時に速やかに交付決定に向けた審査が可能
★採択されても、交付決定以降でないと補助対象になりません。
昨年は、交付決定が出るまでに数ヶ月かかる事例もありました。
今年は、事業期間も短いので、できる限り添付しておくことが望ましいです。

以上が、大きな相違点となります。

このほか、「一般型」「小規模型」「高度生産性向上型」それぞれについて
補助対象の内容が違いますので、注意が必要です。

申請書作成のポイントとしては、
「革新性」「一貫性」「実施可能性」「具体性」「社会貢献度」「経済効果」
「海外展開」といったところになると考えられます。


関連記事

no image

資金調達プロの「お勧めの専門家」として紹介されました

資金調達について今年は特化していきたいと思っていますが、「資金調達のプロ」というホームページで紹介さ

記事を読む

no image

【農業補助金2】経営所得安定対策交付金等の申請

経営所得安定対策の交付金をもらうには、 「経営所得安定対策交付金交付申請書」と 「経営所

記事を読む

no image

【農業補助金3】新規雇用者に係る研修の助成

「農の雇用事業」があります。 農業法人が就業を希望する者を新たに雇用し、その生産技術や経営のノ

記事を読む

no image

来年度農水省の予算(概算要求)

2016年度の農水省の予算の概算要求が固まったようです。 2015年と比べて15%増加の2兆6

記事を読む

no image

【農業補助金4】耕作放棄地の再生

熊本県での耕作放棄地の再生関係の補助金は、 「耕作放棄地解消110番」というサイトが参考になり

記事を読む

no image

省エネ補助金の徹底攻略セミナー

セミナーの案内です!   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

記事を読む

no image

【農業補助金1】経営所得安定対策交付金について概要

経営所得安定対策について説明していきます。 まず、背景事情からです。 平成22年度に、水

記事を読む

no image

熊本県H27/12補正予算

日本農業新聞に、TPP対策で熊本県が補正予算を組んだらしいという記事を読んだので、熊本県のHPを見て

記事を読む

no image

TPP関連補正予算3,122億円

12/18の閣議決定で、27年度補正予算が出ました。農林関係予算は4,008億円、うちTPP関連は3

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑