*

一般財団法人の定款

公開日: : 会社設立サポート

一般財団法人と農業とはあまり関連がないかもしれませんが、農村の景観を保つための事業とかならあるかもしれませんね。

定款案を作成する機会がありました。

これは、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に規定されています。

一般社団法人は、人の集まりですが、

一般財団法人は、お金の集まりですので、根本的に性質が違います。

たとえば、一般社団法人には社員というものがありますが、一般財団法人には社員という概念がありません。

お金を出す設立者(300万円以上)、運営を行う理事、理事を監督する評議員がいます。

理事会を設置しなければなりませんので、理事は3人以上必要ですし、

評議員会も設置しなければなりませんので、評議員も3人以上必要です。

会社法関連で、「〜会」といったら3人以上必要というのがお決まりのパターンですね。

また、監事も置かなければなりません。

 

そして、定款に添付する印鑑証明書は「設立者」となっていますので、

お金を出した人の印鑑証明書が必要ということです(設立者が定款に記名捺印する)。

 

株式会社と違い、収入印紙4万円分は不要ですが、認証料は同様に5万円必要です。

(収入印紙がタダ=認証料もいらないと思っている人が多いのでは?)


関連記事

no image

営農組合が農事組合法人を設立 H26.8.26日農

今日の日農からです。 営農組合を法人化したものです。 農事組合法人は、組合員3人以上、定

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑