消費者行動の理論と食料の消費1

農業経済学

農業資源経済学汎論の続きです。食料需要の理論についてしばらく見ていきます。

 

食料消費の決定要因は3つある。

1所得水準(実質所得)

2価格:自己価格と他財価格(代替財の価格)

3好み(選好) preference

経済学でいう選好とは、一人一人の違いよりも、集団での違いを言う。(20代と50代とで好みが違うとか)

 

1所得水準について

エンゲルの法則

消費に占める食料の割合が低くなる法則。

経済学的に言えば、食料消費支出の所得弾力性が1より小さい

食料消費E/所得I > 食料消費E+△食料消費E/所得I+△所得I ・・・※

つまり、所得が増えた分よりは、食料消費に回す分は増えないという意味です。

E(食料消費)=Pf × Df

Pf:食料foodの代表する価格

Df:foodの代表する買われる量

なので、※より、

Pf Df/I > Pf △Df/△I

これを加工すると、(△Df/Df)/(I/△I)<1 で、

所得が増えた分よりは、食料の「量」に回す分は増えないということになる。

こういう比較のやり方、2つの係数(EとI)の関係を知るときには、Iが増えた分Eは増えるのか、という弾力性の概念を用いる。単位の違うものを結びつけるのに有効。

 

で、このエンゲルの法則は、ペティークラークの法則を需要面から規定したもの。

エンゲルの法則は強い再現性があり、これは人間の本能に根ざしたものである。

 

2の価格

については次回。

3の好み

については、年齢(age effect)と世代(generation effect)と地域性で分けられる。

ミクロ経済学で定式化すると、、、(以下、表現が難しいので省略(笑)