*

くまもと里モンプロジェクト

公開日: : 農業コンサルタント

熊本里モンプロジェクトという熊本県の農業補助金があります。

「美しい景観の保全、創造」

「文化・コミュニティの維持、創造」

「地域の資源を活用した内発的産業の創造」

といった観点の幅広い取り組みを呼び起こし、農村を元気にするというものです。

 

特徴は、補助率100%!ただし、上限50万円。

法人格の有無や団体・個人を問わず、申請可能。

ハード事業(施設とか)や10万円を超える機械購入には使えない。

様式は県のホームページ。

H25年度は、フットパス、農村体験、棚田の景観整備、料理コンテスト、寺の清掃活動、栗の加工品の開発、留学生向けスタディツアー、歴史資源の調査、など様々な事業が採択されています。

県のホームページを見ると、H26年度は景観作物の作付けだけが対象となっているように見えます(イエロープロジェクト)。


関連記事

no image

コーヒーかす飼料化 H26.9.9日農

コーヒー豆のかすを飼料に混ぜると、乳房炎が減るそうです。 スタバと酪農とのコラボ、興味深い取り

記事を読む

no image

青年等就農資金

今年から、日本政策金融公庫にて「青年等就農資金」の取扱が開始されています。 といっても、県や市

記事を読む

no image

TPP女子高生翻訳1 序文

TPPの対策が種々取られようとしています。 そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたい

記事を読む

no image

農協改革の論点 H26.9.12日経

今日の日経からです。信用事業は分離せよということです。 以前、農協関係者から、「農家には危なく

記事を読む

no image

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。  

記事を読む

no image

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   -

記事を読む

no image

農福連携 H26.8.23日農

これも興味深い記事でした。 農業と福祉との連携で、農福連携です。 ーーーーーーーーーーー

記事を読む

no image

【新規就農1】認定就農者の認定申請と青年就農給付金(準備型)

従来は、「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」により、都道府県が認定する制度で

記事を読む

no image

JA柏崎の担い手経営コンサルティング内容

H29.8.21の日本農業新聞に、新潟県のJA柏崎の担い手への経営コンサルティング事業が紹介されてい

記事を読む

no image

卸・中食、産地に接近 H26.8.14日経

今日の日経からです。 農家が作りたい米と、中食産業などが買いたい米とのミスマッチが続い

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑