*

農業経営基盤強化準備金

青色申告をしていて、

認定農業者で、

経営安定対策交付金をもらっている方(要するに減反に協力している方)は、

農業経営基盤強化準備金というものを積み立てることができます。

積み立てた分は、損金に参入されますので、税金が低くなるメリットがあります。

 

この経理には2種類あります。

<損金経理方式>

農業経営基盤強化準備金繰入 1百万円 農業経営基盤強化準備金 1百万円

という仕訳になります。

この〜繰入というのが、費用になりますので、その分、利益が減って、税金も安くなるという仕組みです。

 

<剰余金処分経理方式>

繰越利益剰余金 1百万円 農業経営基盤強化準備金 1百万円

という仕訳です。

こちらの繰越利益剰余金は、費用ではありませんので、利益は減りませんが、税金の計算上、損金に計上されますので、税金が安くなります。

 

剰余金処分経理方式のほうが実態にあっているのですが、実際は、損金経理方式を採用しているところが多いそうです。

農家の決算書をみるときのポイントの一つです。


関連記事

no image

ナラシ特例措置 

今日の日農からです。 ーーーーー 農水省は2014年産コメで、収入減少影響緩和対策(ナラ

記事を読む

no image

農協改革(H26.6.11日経)

日経から。 向こう5年を集中改革期間とするそうです。 記事を読むと、全中は結局看

記事を読む

no image

耕作放棄地、企業が再生 H26.8.21日経

農地が耕作放棄されていることが、日本農業の最大の問題だと指摘する人もいます。 今まで、

記事を読む

no image

TPP女子高生翻訳1 序文

TPPの対策が種々取られようとしています。 そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたい

記事を読む

no image

【新規就農2】青年就農給付金(経営開始型)

平成24年度から創設されたものです。 以下の要件があります。 ア 独立・自営就農時の年齢

記事を読む

no image

農業経営アドバイザー試験

農業経営アドバイザー試験の試験結果が届きました。   ということで、合

記事を読む

no image

石炭火力からCO2回収 米が最大設備 H26.8.22日経

今日の日経の夕刊です。 原子力発電が止まった現在、日本でも石炭火力発電所がフル稼働して

記事を読む

no image

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイ

記事を読む

no image

出口戦略から考える農業経営

先日、日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業が主催する「平成27年食と農林漁業者の交流会INくまもと」

記事を読む

no image

青年等就農計画の注意点

熊本県の出先機関から聞き取った内容です。 新規就農の際に、青年等就農計画をだして認定されれば、

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑