*

新マルキン2ヶ月連続発動 H26.9.10日農

公開日: : 農業コンサルタント

肉用牛には新マルキンという補助金がありますが、2ヶ月連続で発動されたそうです。今後も発動が続くようです。

肉用牛は、繁殖牛農家と育成牛農家と分かれて存在していますが、繁殖農家が減ったことで、仕入れる子牛の価格が高くなり、かといって高く売れないので、育成農家が疲弊してきています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

農畜産業振興機構は9日、粗収益と生産費の差額の8割を補填する肉用牛肥育経営安定特別対策事業(新マルキン事業)で、7月に販売された牛に適用する補填金単価(概算払い)を発表した。肉専用種のうち全国算定県は2ヶ月連続で発動し、補填金単価は1頭1900円となった。価格が高い時期に導入した子牛の出荷が始まり、飼料価格も高止まりしている結果、生産コストが膨らんだ。

肉専用種のうち地域算定県も全6県で発動した。補填金単価は最も高いのが熊本の51500円。福岡と佐賀23000円、鹿児島16400円、長崎13500円、広島4700円となった。

また、交雑種、乳用種でいずれも発動し、歯止めがかからない状況が続く。補填金単価はそれぞれ68500円、50300円。昨年の水準より落ちついているが、最近は上昇傾向にある。

今回7月に販売された牛は肉専用種、交雑種、乳用種いずれも、ちょうど子牛単価が上がり始めた時期に導入した。子牛価格はその後右肩上がりで、飼料高騰も収まる気配がない。生産コストが農家経営を圧迫し、同事業頼みの局面が続くことになりそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


関連記事

no image

九州は出生率が高い(H26.6.5日経)

言うまでもなく人口は経済の重要なファクターですが、日本は人口減が続いています。 ピーク

記事を読む

no image

農業への理解

農業は、建設業などの他分野とは違い、ものを作る(make)ではなく、ものを育てる(grow)産業です

記事を読む

農業経営アドバイザーに合格しました

農業経営アドバイザーに合格しました。 農業経営にフォーカスした行政書士事務所を目指します。

記事を読む

no image

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイ

記事を読む

no image

土作りを化学的に考える

土作りについて講義を受けてきましたので、シェアしたいと思います。 硝酸態窒素のことでした。WH

記事を読む

no image

JAバンクの金融を中金に移すというが(H26.5.14日経)

JAバンクの金融業務を農林中金と信連に移すそうです。 実態として、農林中金も信連も単位農協を窓

記事を読む

no image

農協改革の論点 H26.9.12日経

今日の日経からです。信用事業は分離せよということです。 以前、農協関係者から、「農家には危なく

記事を読む

no image

食品の軽減税率

9/14の日農の論説に出ていました。要するに、 食品の軽減税率が措置されると、農家は還付金を受

記事を読む

no image

自給飼料の増産 H26.8.27日農

H26.8.27の日農の論説です。分かりやすくまとめられていました。 畜産の離農が増えている要

記事を読む

no image

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。  

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑