*

農協改革の論点 H26.9.12日経

公開日: : 農業コンサルタント

今日の日経からです。信用事業は分離せよということです。

以前、農協関係者から、「農家には危なくて貸せない」と聞いたことがあり、なんのための組合かと思ったことがありましたが、確かに、農協の金融事業(信用事業)は住宅ローンやマイカーローンが主流になっています。

一方で、農業用資材代の決済を信用事業が担っている面もあり、信用事業を切り離すと、農協というシステム自体が崩壊するように思うのですが、いかがでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーー

農家以外の准組合員の増加は、農業協同組合の事業主体が本来の経済事業から信用(銀行)、共済(保険)の金融部門に傾斜している実態と表裏一体の関係にある。

 東大教授などを務めた佐伯尚美氏は「住専と農協」で巨額の損失処理を迫られた住専問題と農協の関係に焦点をあてた。「農協が手掛ける金融は農業が中心というのが一般的なイメージだが、最近の実態はそうしたイメージとますますかけ離れてきている」と指摘した。

 政府は当時、農協の合併や系統農協金融の2段階制への移行を軸とする改革策をまとめた。佐伯氏は根本的な問題である「農協内部で進行している『脱農化』傾向を完全に黙殺している」と批判。非農家など外に拡大する信用事業と、少数の専業農家に集約されていく農業関連事業は分離せざるを得ないと結論づけた。

 今回の改革案で、ようやくこの事業分離が動き出す。地域農協(単協)の信用事業はJAバンク法の規定に基づいて農林中金・信連に譲渡し、単協はその代理店となる。改革案は農林中金などに、単協に支払う手数料などを早急に示すよう求めた。

 農業以外の地域インフラを担う事業組織の分離を可能にし、株式会社や生活協同組合などへの転換も促す。農業以外に事業が拡散する現状は農協法の趣旨を外れるからだ。

 JAグループ自身も改革策のとりまとめ作業に着手した。だが山下一仁・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹は、制度や枠組みの矛盾を正すのは民間組織でなく、政府の責務だと強調する。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

no image

農協改革(H26.6.3日経)

これも今日の日経から。 農協系統機関は、単位農協(市町村単位)〜県段階〜全国段階と3段

記事を読む

no image

全農を株式会社化(H26.6.7日経)

今日の日経です。 全中の解体、全農の株式会社化はもう既定路線のようですね。 全中

記事を読む

no image

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   -

記事を読む

no image

農業経営アドバイザーミーティング

10/20〜21に東京にて農業経営アドバイザーのミーティングがありました。 シェアできる範囲で

記事を読む

no image

自給飼料の増産 H26.8.27日農

H26.8.27の日農の論説です。分かりやすくまとめられていました。 畜産の離農が増えている要

記事を読む

no image

農業経営アドバイザー事前試験

先日、農業経営アドバイザーの事前試験を受けました。 農業簿記です。 農協に委託販売したと

記事を読む

no image

生物売却収入

農業において、牛、豚などは「生物」という固定資産です。 固定資産を売ったとき、どんな仕訳になる

記事を読む

no image

イオン、農地バンク活用 H26.10.7日経

今日の日経のトップ記事です。 高齢化で担い手がいなくなる農地に、大企業が農地バンクを経由して入

記事を読む

no image

コメ、産地が安値販売の見方も H26.9.4日経

そろそろ新米で出回る時期ですが、今年は在庫が多いため、安値になりそうです。 西日本は「

記事を読む

no image

パストラル社長と会食。

熊本のアイスといえば、パストラル。市原社長のお話をお聞きしてきました。 里山で生産現場をプロデ

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑