*

今後の為替の方向感

公開日: : 農業コンサルタント

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どういうふうになっていくか、まとめてみました。

 

結論としては、今後も円安が続くだろう、ということです。

その理由を以下述べてみます。

 

アメリカの量的緩和政策(QE3)が10月末に終わります。ドルのバラマキをやめるということですので、これはドル高になる方向になります。

また、11/4にアメリカの中間選挙がありますが、2期目になるとアメリカは株価や為替が上がるという傾向にあります。なぜかというと、2期目になるともう後はありませんので、いろんな政策を思いっきりやるからだそうです。

さらに、中間選挙があるときは、その後6ヶ月間株価は戦後必ず上がっているというデータもあります。

 

そして、いちばん大きいのは、シェールガスの発見です。これで4200万ドルの貿易赤字だったのが、3000万ドルの貿易黒字国になります。

そのため、中東の油田の権益を守る必要性が薄くなりました。

そこで、昨年オバマ大統領は「アメリカは世界の警察をやめる」と宣言。

軍を引き上げていますので、イスラム国など、各地で民族運動的な活動が活発になり、戦争が増えてきました。

シェールガスは200年分あるそうです。このため、原油価格も下落してきています。

 

貿易黒字国になるということは、その国の通貨が買われやすくなりますので、ドル高になっていきます。円安になるということですね。

ただ、ダドリNY連銀総裁は、ドル高に反対していますので、今後の動きに注目です。

 

 


関連記事

no image

農業への理解

農業は、建設業などの他分野とは違い、ものを作る(make)ではなく、ものを育てる(grow)産業です

記事を読む

no image

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。  

記事を読む

no image

生物売却収入

農業において、牛、豚などは「生物」という固定資産です。 固定資産を売ったとき、どんな仕訳になる

記事を読む

no image

【NEWS LETTER】今月の農業経営〜地理的表示保護制度〜

〜メルマガからの転載です〜 熊本も暑くなってまいりました。 本日6/1は、私が行政書士登

記事を読む

no image

青年就農給付金 熊本がトップ H26.10.10日農

先日の日農の記事です。 熊本は、やはり農業が元気なほうだと思いますね。 農協が組織的に動

記事を読む

no image

台湾 農訓協会の研修

H29.8.17の日本農業新聞より。 台湾では、農会(農協)の教育部門を担う「農訓協会」が、「

記事を読む

no image

知的資産経営

ばたばたしておりご無沙汰になっておりました。 そのかわりといってはなんですが、 先日は、東京

記事を読む

農業経営アドバイザーに合格しました

農業経営アドバイザーに合格しました。 農業経営にフォーカスした行政書士事務所を目指します。

記事を読む

no image

【新規就農2】青年就農給付金(経営開始型)

平成24年度から創設されたものです。 以下の要件があります。 ア 独立・自営就農時の年齢

記事を読む

no image

農協改革の論点 H26.9.12日経

今日の日経からです。信用事業は分離せよということです。 以前、農協関係者から、「農家には危なく

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑