*

【農業法人1】農業生産法人の設立について

公開日: : 農業法人設立

これから、農業法人についてと、農業補助金について、の情報を提供していきたいと思います。

まず、農業生産法人(株式会社)の設立をするとき、どうすればいいでしょうか。

 

株式会社形態の農業生産法人を設立する場合に必要となる書類、手続は、通常の株式会社の設立と基本的に同じです。設立登記をするときは、設立登記申請書、定款、議事録などを作って、管轄の登記所へ設立登記の申請を行います。株式会社は、本店の所在地において設立の登記を行います。

ただし、農業生産法人の場合、設立後、農業生産法人として農地法3条1項の許可を受けなければなりませんので、設立段階より、許可を得ることができるよう農業生産法人の要件(農地法2条3項)や農地法3条1項の許可要件に注意しながら設立を進める必要があります。

 

では、農業生産法人の要件をみてみましょう。

 

(1)法人の組織形態要件

株式会社の場合、公開会社でないものに限る、と定められています。

 

(2)事業要件

「法人の主たる事業が農業とそれに関連する事業であること」となっています。

主たる事業かどうかの判断基準は、農地法関係事務に係る処理基準についての通知で、「直近3カ年における農業の売上高が当該3カ年における法人の事業全体の売上高の過半を占めているかによる」となっています。

「農業に関連する事業」とはなにか。

農地法施行規則2条1項〜4項に定めがあります。

・農畜産物の貯蔵、運搬又は販売

・農業生産に必要な資材の製造

・農作業の受託

・農村滞在型余暇活動に必要な役務の提供

などです。

 

(3)構成員要件

全ての構成員は農地法2条2項に定めるいずれかの者でなければなりません。株式会社の場合の構成員とは、株主のことです。構成員には、農業の常時従業者、農地の権利提供者、農作業委託農家、取引関係者等が定められています。

なお、取引関係者が構成員となる場合、取得できる議決権は、原則全体の4分の1以下までとされていますが、「法人の農業経営の改善に特に寄与する者として政令で定める者」に該当すれば、例外として2分の1未満まで取得が認められます(農地法2条3項)。

政令で定める者というのは、農商工等連携事業を実施する中小企業者などです。

 

(4)業務執行役員要件

業務執行役員とは、株式会社の場合、取締役のことです。

「常時従事者たる構成員が理事等(取締役)の数の過半を占め、かつ過半を占める理事等の過半数の者が、農作業に年間60日以上従事すると認められること」です。

 

次回は、農業生産法人の定款について見ていきます。


関連記事

no image

【農業法人4】就業規則

労働基準法89条で、常時労働者が10人以上いる事業場では、就業規則の作成と所轄労働基準監督署長への届

記事を読む

no image

【農業法人3】農事組合法人の設立

農事組合法人は、農協法に規定があります。 組合員の農業生産についての協業を図ることにより、その

記事を読む

no image

【農業法人2】農業生産法人の定款について

会社を作るには、会社の憲法ともいうべき定款を作成する必要があります。 定款で大事なところは、ま

記事を読む

no image

【農業法人5】特定農業団体

特定農業団体なるものがあります。 農業経営基盤強化促進法に基づき、 ①担い手不足が見込ま

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑