*

【農地法1】農地法とは

公開日: : 農地法

農地法について見ていきたいと思います。まずは歴史から。

1946年 自作農創設特別措置法、改正農地調整法

→1947〜1950年に農地改革(地主の土地を国が買取、小作農に売渡)

1952年 農地法制定

農地の自作地化を促す。権利移動転用の統制、小作地所有制限、耕作権の保護規制、小作料の統制など。

1970年 農地法改正

自作地主義から借地主義への転換。

1980年 農地法改正

現物小作料の容認

1993年 農地法改正

農業生産法人の事業要件と構成員要件の見直し

2001年 農地法改正

株式会社でも農地の権利取得が可能に

2009年 農地法改正

農業の効率的かつ総合的な利用の確保に支障がある場合は権利移動を許可しない。

解除条件付の賃貸借の場合は、農業生産法人でなくても可となる。

農業生産法人の関連事業者の議決権を1/4まで拡大。

農地の下限面積(50a)の引き下げを可能に。

相続の場合は、農業委員会に届出。

2013年 農地法改正

農地中間管理機構の活用。

農業委員会が年1回農地の利用状況を調査。

 

<農地法の体系>

全6章の76条とコンパクトな法律です。

第1章 総則

第2章 権利移動及び転用の制限

第3章 利用関係の調整等

第4章 遊休農地に関する措置

第5章 雑則

第6章 罰則

 

次は農地の定義について見ていきます。


関連記事

no image

【農地法2】農地の定義

しばらく間が空いてしまいました。前回の続きで農地法について見ていきます。 農地とは何でしょうか

記事を読む

no image

【農地法3】耕作放棄地の扱い

耕作放棄地は、現在農地として使われてはいませんが、非農地扱いになるためには、高いハードルがあります。

記事を読む

no image

【農地法4】耕作放棄地とは

耕作放棄地とか、荒廃農地とか、遊休農地など、似たような単語があります。 それぞれ定義があります

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑