*

六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、6次化に取り組まれている広瀬徹雄さんの記事が出ています。

【内容のポイント】

ーーーーーーーーーーーーーーー

・差別化で有利販売するため、水耕栽培ハイポニカでフルーツトマトの生産を開始。水平放任栽培で、自然に水ストレスがかかり糖度7を超える。

・地下水にマグネシウムが多いため、10種類ほどの単肥を混ぜて養液を調整する。温度管理も徹底。品種は顧客ニーズに合わせて検討。

・2000年から農家6人で直売所を共同経営。以前は個人のプレハブ小屋で売っていたが、道の駅に移転したところ、1日50kgしか売れなかったのが、4倍の200kg売れる日もあるようになった。75農家が出荷、100品目以上を揃え、トマトだけで5、6種類ある。

・直売所経験を生かして、2017年4月に農家2戸と共同出資して、野菜レストランを開始。直売所へ仕入れに来ていた都内の料亭で働いていた料理人を料理長にスカウト。食材は、直売所に出荷する農家7人を連携事業者として約20品目を出荷してもらい、野菜はほぼ柏市産。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【経営へのヒント】

 

水耕栽培とトマトは親和性が高いようですが、水耕栽培の販売業者のマニュアルどおりに進めると、かえって収量が取れないことがあります。

その土地その土地で、水が違うためで、水に合わせて単肥を組み合わせて、適切な養液をオリジナルで作り出す必要があることがわかります。

また、直売所を農家と共同で運営し、軌道に乗ったのちに、レストランに参入。

6次化と一口に言いますが、まずは販売で力をつけてから、加工(調理)にシフトしていくのが秘訣かもしれません。

 


関連記事

no image

子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている神田譲市さんの記事が出ています

記事を読む

no image

出口戦略から考える農業経営

先日、日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業が主催する「平成27年食と農林漁業者の交流会INくまもと」

記事を読む

no image

台湾 農訓協会の研修

H29.8.17の日本農業新聞より。 台湾では、農会(農協)の教育部門を担う「農訓協会」が、「

記事を読む

no image

新農相の経歴 H26.9.4日農

1年半ほど続いた林農相から、西川公也氏に農相が代わりました。 今日の日農にどんな人物か、経歴が

記事を読む

no image

イオン、農地バンク活用 H26.10.7日経

今日の日経のトップ記事です。 高齢化で担い手がいなくなる農地に、大企業が農地バンクを経由して入

記事を読む

no image

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   -

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳2 第1章第1条

第1章 さいしょのきまりだぴょん 第1条 目的 1 この決まりは、あたしたちの間でTPP

記事を読む

no image

全農を株式会社化(H26.6.7日経)

今日の日経です。 全中の解体、全農の株式会社化はもう既定路線のようですね。 全中

記事を読む

no image

異業種勉強会で講師をしました

4/27(日)、熊本県民交流館パレアにて、異業種勉強会があり、講師をさせていただきました。 「

記事を読む

no image

農協経由の農産物出荷50%割れ H26.8.19日経

今日の日経からです。 農協の存在意義が問われています。   ーー

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑