*

農業経営学(マーケティングの4P)

公開日: : 農業経済学

<マーケティング>

新製品の開発から生産された商品が、最終消費者のところに至るまでに関係する一切の事業活動(単なる販売対応ではない)

マーケティングの4P

Production(製品開発)

Price(価格づけ)

Place(流通チャネルの選択)

Promotion(販売促進)苦情処理も含む。

<Production>

新製品開発のプロセス

1開発分野の市場分析・市場予測

2関連資料・情報の収集・整理・分析

3初期アイデアの探索、開発テーマの設定

4既存資料による市場分析

5自社の競争力分析

6消費者ニーズ予備調査

7アイデア・ジェネレーション(熟成)

8市場の問題点と仮説の抽出

9消費者利益の調査

10開発基本戦略の策定

11コンセプトの選択

12テスト製品の試作と評価

13コンセプトと製品の決定

14ネーミング、パッケージ広告表現の選択・決定

15最終商品の消費者および流通の受容度測定

16テストマーケティング

17発売

 

<Price>

価格設定の可能範囲

需要(あるいは購買者の知覚価格)ー絶対的上限

↑競争価格の設定範囲

↓(イメージ価格としての受入れ可能範囲)

コスト             ー絶対的下限

<Place>

マルチ・セグメンテーション・アナリシス

縦軸にライフスタイル・セグメンテーション(米を食べるか?など)

横軸にデモグラフィック・セグメンテーション(年齢など)

→高齢者が米を食べなくなっている、などが分かる

<Promotion>

消費者心理とプロモーション・ミックス

認知   理解   確信   行為

人的販売  10%   25%   40%   70%

広告    40%   25%   40%   10%

教育    10%   40%   10%   10%

パブリシティ40%   10%   10%   10%

→認知段階では広告やテレビ新聞イベントが主になるが、購買段階にになると人的販売(口コミなど)が主になる。

 

ボストンコンサルティンググループのポートフォリオ分析

成長性<高><スター><問題児>
・シェアを確保するために資金もかかるが、利益率は高い。
・シェアが維持できれば金の成る木になるが、できなければ負け犬になる。
・成長性は高いが、投入資金も大きい。
・シェアが低いために収益は少ない。戦略がうまくいけば金の成る木になる可能性がある。
<金の成る木><負け犬>
成長性<低>・資金投入量が少なく、シェアも大きいため、収益は多い。
・資金、利益の有効な源
・投入する資金以上の収益が見込まれるときは、金の成る木に育てる。
・収益が見込まれないときは、撤退準備
マーケットシェア<高>マーケットシェア<低>

関連記事

消費者行動の理論と食料の消費1

農業資源経済学汎論の続きです。食料需要の理論についてしばらく見ていきます。   食

記事を読む

先進国=非農業国、途上国=農業国は正しいのか。

農業資源経済学汎論講義より。 結論は、先進国農業は補助金で成立しており、途上国農業は搾取で成立

記事を読む

no image

農業経営学(経営戦略と競争の基本戦略、多角化)

H14年度の東京大学農学部の「農業経営学」講義から抜粋します。 <経営戦略> 1)戦略(

記事を読む

no image

農業資源経済学汎論(食料自給率の向上が必要との意見への反論)

食料自給率を上げるべきだという話について考える。 1961年の農業基本法から、1999年の食料・農

記事を読む

食料需要の理論2

無差別曲線、なるものがあります。 2つの財の効用を比較したときに、同じ効用の数字に注目すると、

記事を読む

no image

農業資源経済学汎論(食料自給率の計算)

日本では食料自給率は、カロリーベースで40%となっているが、カロリーベースで自給率を見ているのは日本

記事を読む

食料問題/農産物の市場の特質

経済理論というのは所得と価格で規定されていたが、最近それが通用しなくなってきた。 ガルブレイス

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑