*

集落営農の消費税免税点

今朝は異業種交流会でした。朝早いというのはいいもんですね。

 

 

さて、消費税には事業者免税点制度があります。

売上1000万円以下であれば、原則として消費税の納税が免税されます。

そして、法人化すれば、2年間は免税です。

ただし、資本金が1000万円以上だと免税にはなりません。

 

集落営農の場合どうなるでしょうか。

集落営農は民法上の組合、任意組合ですが、これら共同事業の課税売上や課税仕入については、その共同事業の構成員が持分割合に対応する部分について課税売上や課税仕入を行ったこととして取り扱うことになっています。

持分割合というのは、集落営農でいえば、出した面積の割合ということですね。

その一人当たりで売上が1000万円以下であれば、集落営農全体で売上が1000万円以上であっても、消費税は免税されるということです。

消費税についてはいろいろ面白い論点があります。


関連記事

no image

TPP女子高生翻訳1 序文

TPPの対策が種々取られようとしています。 そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたい

記事を読む

no image

新マルキン2ヶ月連続発動 H26.9.10日農

肉用牛には新マルキンという補助金がありますが、2ヶ月連続で発動されたそうです。今後も発動が続くようで

記事を読む

no image

弁護士たちと意見交換

大学の同期の弁護士や、先輩の一級建築士の方といろいろ話しました。 行政書士のサービスってのは、今後

記事を読む

no image

ナラシ特例措置 

今日の日農からです。 ーーーーー 農水省は2014年産コメで、収入減少影響緩和対策(ナラ

記事を読む

no image

消費税が上がれば得する業態

消費税が上がって、のど元を締め上げられるように経営が苦しくなる中小企業が増えています。 ところ

記事を読む

農業経営アドバイザーに合格しました

農業経営アドバイザーに合格しました。 農業経営にフォーカスした行政書士事務所を目指します。

記事を読む

ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ

小冊子「ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ」ほぼ完成しました。 目次は、こんな

記事を読む

no image

自給飼料の増産 H26.8.27日農

H26.8.27の日農の論説です。分かりやすくまとめられていました。 畜産の離農が増えている要

記事を読む

no image

【新規就農1】認定就農者の認定申請と青年就農給付金(準備型)

従来は、「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」により、都道府県が認定する制度で

記事を読む

no image

今後の為替の方向感

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どうい

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑