*

農協改革のおもしろい意見 H26.8.8日経より

公開日: : 農業コンサルタント

今日の日経にフューチャーアーキテクト社長の金丸恭文氏(規制改革会議で農業ワーキンググループの座長)のインタビューが載っています。ちょっとおもしろい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

――農業を振興するために農協(JA)はどうあるべきですか。

 「俊敏で強い組織に生まれ変わるべきだ。インターネット通販大手、アマゾンは注文したモノがその日のうちに届く。農協は30年前の感覚。農家から預かった農産物をまとめて市場に持って行くだけでは生産者の顔もみえず付加価値は生まれない。朝取れた新鮮なレタスがその日に食べられるのなら消費者はもっと高い値段で買うだろう」

 「JAグループ幹部には首都圏のある高級スーパーを買収すべきだと提言したが、受け入れられなかった。資金借り入れだってあるはずだ」

 ――農畜産物の販売促進が足りないのですか。

 「最近はやっている炭水化物ダイエットはコメを食べる人が減るので、環太平洋経済連携協定(TPP)よりも脅威だ。どうして全国農業協同組合中央会(JA全中)はコメの大切さをきちんとアピールしないのか」

 ――農業の世界に若い人材を呼び込む秘訣はありますか。

 「社員が名刺と肩書を持つふつうの職場になるべきだ。コメの生産量を減らす減反に協力したらお金をもらえるようなコメ政策の偏重から脱却しないと、もうかる職場にはならない」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

思いますに「農家から預かった農産物をまとめて市場に持って行く」のが農協の役割ですので、全否定してるようなものですね。「それだけではだめだ」と言っているので、全否定とまでは言えないかもしれませんが。

それと、農協にもいろいろあるので、一概に「生産者の顔が見えない」とは言い切れない。

それから、炭水化物ダイエットは米を食べる人が減るのでTPPより危険だというところ。

炭水化物ダイエットがはやる前から、米を食べる人は減っているし、そもそも人口は減るのだから、炭水化物ダイエットがどうのという議論は筋違いのような気がします。これは多分、記者がおもしろがって書いているだけだと思う。

この記事を読んだ人は、「こんな人が座長でいいのか?」と思うのではないだろうか。

私はギャグで書いているのかと思った。

 


関連記事

no image

農業への理解

農業は、建設業などの他分野とは違い、ものを作る(make)ではなく、ものを育てる(grow)産業です

記事を読む

農業経営アドバイザーに合格しました

農業経営アドバイザーに合格しました。 農業経営にフォーカスした行政書士事務所を目指します。

記事を読む

週末からの動き

土曜日は、福岡に行き、九州志士の会の政策勉強会に参加してきました。 補助金にどんなものがあるの

記事を読む

no image

農協改革(H26.6.11日経)

日経から。 向こう5年を集中改革期間とするそうです。 記事を読むと、全中は結局看

記事を読む

no image

12/7熊本朝日放送 K-Tube

本日(H27.12.7)の18:54〜、熊本朝日放送のK-Tubeという番組で放映されました。

記事を読む

no image

小麦について H26.8.19日農

今日の日本農業新聞の記事からです。 小麦についてまとめられていました。 ーーーーーーーー

記事を読む

no image

生物売却収入

農業において、牛、豚などは「生物」という固定資産です。 固定資産を売ったとき、どんな仕訳になる

記事を読む

no image

新農相の経歴 H26.9.4日農

1年半ほど続いた林農相から、西川公也氏に農相が代わりました。 今日の日農にどんな人物か、経歴が

記事を読む

no image

知的資産経営

ばたばたしておりご無沙汰になっておりました。 そのかわりといってはなんですが、 先日は、東京

記事を読む

no image

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   -

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑