*

農業補助金について日経と日農の違い

公開日: : 農業コンサルタント

今日の新聞に農業補助金のニュースが出ています。

日経ではこう書かれていました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

経済協力開発機構(OECD)は4日、加盟国の農業政策を評価した報告書を公表した。日本の農家の収入に占める補助金など政府支援の割合は2011~13年の平均で54%と、ノルウェーに次ぐ2位。13年単年では日本が55.6%でトップだった。

 日本の農家支援の割合は1980年代や90年代に比べるとやや低下しているものの、OECD平均の約3倍。OECDは、生産への支援から農業の生産性や持続可能性の向上に重点を置く政策に切り替えるべきだと提言した。日本のほかに高い割合なのがノルウェーやスイス、韓国、アイスランドで40%を超えている。一方、オーストラリアやチリ、ニュージーランドは3%以下で、支援は研究開発や災害補償などに絞られている。

ーーーーーーーーーーーーーーー

だから、日本の農業は保護されすぎているんだ、という意見に誘導しようとしていますね。

これが日本農業新聞だとこうなります。(同じ内容のところは除く)

ーーーーーーーーーーーーーーー

保護水準が低下傾向

・・・OECDが毎年公表している農業保護額は「生産者支持推定量(PSE)」と呼ばれるもので、内外価格差に国内生産量を掛けた値に直接支払いの納税者負担を加えたもの。日本のように高品質な農産物を作ると高くなり、為替変動にも影響される。また、世界貿易機関(WTO)農業協定が定めた補助金の算定方法とは異なり、交渉には影響しない。

日本の13年のPSEは5兆2650億円。農家総収入に占める割合は56%で、86年の64%に比べれば減少しているものの、OECD加盟国の平均より約3倍高い。報告書は、PSEのうち内外価格差に相当する市場価格支持の割合が84%で、以前高水準にあると分析しちえる。

ーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか。

日経は「政府支援の割合」と言っていますが、日農はきちんと「PSE」と書いています。

このあたりにスタンスの違いというか、事実認識の違いが表れています。

PSEについて、東京大学の鈴木教授はこう言っています。

ーーーーーーーーーー

「日本の生産者が消費者のみなさんにいい物を食べていただきたいとがんばった努力の結果の『国産プレミアム』が含まれているわけです。たとえば、見かけはまったく同じで、国産のネギが中国産よりも少々高く売られていたとしても、国産の方を買う人は結構多いですよね。それこそ『国産プレミアム』です。しかし、PSEは品質の差をほとんど考慮していません。輸入牛肉を運んでくる輸送料と、港でかかる関税を足してもまだ内外価格差があれば、これは非関税障壁であり、価格支持が原因だという計算になっているのです。本当なら、日本の霜降り牛肉と、オーストラリアで草で育った肉とが値段が同じだったら、おかしなことです。」(『TPPを語る』より)。

ーーーーーーーーーーー

高品質なものをつくればPSEは高くなるものです。

そこを無視した議論は、生産性がないといえるでしょう。

 


関連記事

no image

農業経営基盤強化準備金

青色申告をしていて、 認定農業者で、 経営安定対策交付金をもらっている方(要するに減反に

記事を読む

no image

竹炭でCO2を密封(H26.6.3日経)

これも今日の日経。 今年はエルニーニョで冷夏だそうですが、地球温暖化対策のための取り組

記事を読む

no image

新たな機能性表示制度 H26.9.8日農

すべての食品について、機能性を表示できる仕組みが来年度からスタートするようです。 消費者庁への

記事を読む

no image

今年のコメの仮渡金

コメは、収穫後、農協に出荷した際に、一旦仮渡金という形で売上をもらいます。 そして、コ

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳2 第1章第1条

第1章 さいしょのきまりだぴょん 第1条 目的 1 この決まりは、あたしたちの間でTPP

記事を読む

農業経営アドバイザーに合格しました

農業経営アドバイザーに合格しました。 農業経営にフォーカスした行政書士事務所を目指します。

記事を読む

no image

耕作放棄地、企業が再生 H26.8.21日経

農地が耕作放棄されていることが、日本農業の最大の問題だと指摘する人もいます。 今まで、

記事を読む

no image

宮沢賢治と農業 H26.9.1日経

今日の日経からです。 宮沢賢治も、農業のコメ依存から脱却しようとしていたということで、

記事を読む

no image

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。  

記事を読む

no image

農業への理解

農業は、建設業などの他分野とは違い、ものを作る(make)ではなく、ものを育てる(grow)産業です

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑