*

青年等就農計画の注意点

熊本県の出先機関から聞き取った内容です。

新規就農の際に、青年等就農計画をだして認定されれば、認定新規就農者として、公庫の無利子の青年等就農資金などの利用が「可能に」なります(絶対ではない)。

で、その対象者は、

「その市町村の区域内において新たに農業経営を営もうとする青年等であって、青年等就農計画を作成して市町村から認定を受けることを希望する者」となっていますが、

この青年等の定義は、

「青年(原則18歳以上45歳未満)、知識技能を有する者(65歳未満)、これらの者が役員の過半を占める法人。」

となっているので、じゃあ、農業経営を30年やってる65歳未満の人が過半を占める法人だったら大丈夫かと思いがちですが、そうではありません。但し書きがあります。

「農業経営を開始してから一定期間(5年)以内のものを含み、認定農業者を除く」

ですので、上記のパターンは対象外となってしまうわけです。

なお、知識・技能は、会社員としての経験でもよく、農業経営に限った知識技能ではないことに注意です。

この青年等就農計画の認定作業は、本日10月からスタートしておりますが、全国的にも事例はほとんどありません。

これを目指して新規就農のため法人設立される際は、以上のことに気をつけられるとよいでしょう。


関連記事

天草倶楽部

7/10、天草倶楽部で講演します。 チラシがあったので、撮ってみました。

記事を読む

no image

新農相の経歴 H26.9.4日農

1年半ほど続いた林農相から、西川公也氏に農相が代わりました。 今日の日農にどんな人物か、経歴が

記事を読む

no image

今後の為替の方向感

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どうい

記事を読む

no image

植物工場が次々と H26.9.4日経

植物工場が次々とできているようです。 以前は、レタスなどの葉ものが中心だったと思いますが、最近

記事を読む

no image

省エネ補助金が拡大 H26.8.26日経

今日の日経からです。 省エネ補助金の枠が広がるそうです。 燃油代の高騰、電気料金

記事を読む

no image

全農を株式会社化(H26.6.7日経)

今日の日経です。 全中の解体、全農の株式会社化はもう既定路線のようですね。 全中

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳 第1章第2条、第2章第1条

TPPの対策関連予算ができつつあるそうです。 柱は、土地改良と、畜産クラスターと、産地パワーア

記事を読む

no image

TPP女子高生翻訳1 序文

TPPの対策が種々取られようとしています。 そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたい

記事を読む

no image

農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」というのがある気がします。

記事を読む

no image

キッコーマンが生鮮野菜生産に参入 H26.8.26日経

今日の日経からです。 農業参入の大きな課題の一つは、販路の確保です。 アメリカ有

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑