*

今後の為替の方向感

公開日: : 農業コンサルタント

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どういうふうになっていくか、まとめてみました。

 

結論としては、今後も円安が続くだろう、ということです。

その理由を以下述べてみます。

 

アメリカの量的緩和政策(QE3)が10月末に終わります。ドルのバラマキをやめるということですので、これはドル高になる方向になります。

また、11/4にアメリカの中間選挙がありますが、2期目になるとアメリカは株価や為替が上がるという傾向にあります。なぜかというと、2期目になるともう後はありませんので、いろんな政策を思いっきりやるからだそうです。

さらに、中間選挙があるときは、その後6ヶ月間株価は戦後必ず上がっているというデータもあります。

 

そして、いちばん大きいのは、シェールガスの発見です。これで4200万ドルの貿易赤字だったのが、3000万ドルの貿易黒字国になります。

そのため、中東の油田の権益を守る必要性が薄くなりました。

そこで、昨年オバマ大統領は「アメリカは世界の警察をやめる」と宣言。

軍を引き上げていますので、イスラム国など、各地で民族運動的な活動が活発になり、戦争が増えてきました。

シェールガスは200年分あるそうです。このため、原油価格も下落してきています。

 

貿易黒字国になるということは、その国の通貨が買われやすくなりますので、ドル高になっていきます。円安になるということですね。

ただ、ダドリNY連銀総裁は、ドル高に反対していますので、今後の動きに注目です。

 

 


関連記事

no image

竹炭でCO2を密封(H26.6.3日経)

これも今日の日経。 今年はエルニーニョで冷夏だそうですが、地球温暖化対策のための取り組

記事を読む

no image

新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼料用トウモロコシの雌穂だけを発

記事を読む

no image

青年等就農資金

今年から、日本政策金融公庫にて「青年等就農資金」の取扱が開始されています。 といっても、県や市

記事を読む

no image

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   -

記事を読む

no image

トップページを更新

トップページとプロフィールページを書き直しました。 いかがでしょうか。。

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳 第1章第2条、第2章第1条

TPPの対策関連予算ができつつあるそうです。 柱は、土地改良と、畜産クラスターと、産地パワーア

記事を読む

no image

消費税が上がれば得する業態

消費税が上がって、のど元を締め上げられるように経営が苦しくなる中小企業が増えています。 ところ

記事を読む

no image

農業の補助金

農業の補助金について、H21の『農業経営者』に特集が組まれていました。 要約するとこういうこと

記事を読む

no image

集落営農の消費税免税点

今朝は異業種交流会でした。朝早いというのはいいもんですね。    

記事を読む

no image

今年のコメの仮渡金

コメは、収穫後、農協に出荷した際に、一旦仮渡金という形で売上をもらいます。 そして、コ

記事を読む

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑