*

債権回収物語vol.14

公開日: : 債権回収

vol.13より続く。

 

債務者と面談ができるようになったとします。

何をヒヤリングすればよいのかというと、以下のような内容となります。

・事業内容(何を、どのくらいの面積で作っているのか)

・借入後のできごと

・家族構成

・家族の収入、家計費はいくらか

・出荷先、仕入先はどこか

・売上、利益の金額

そして、これが一番大事なのですが、

・なぜ返済できなくなったのか

 

といったところではないでしょうか。

このあたりを、最初のときに聞いておくと、その後の管理行動が取りやすくなります。

案外落としがちなのが、家族構成ではないかと思います。

奥さんは何をしているのか。

子どもさんは何人いて、何年生なのか。どこの学校に通っているのか。

ご両親も同居しているのか。

など、どうでもいいようなことですが、意外と大事だと思います。

これによって、生活費がどれくらいか分かるからです。

また、奥さんがパートに出ていれば、パート代も聞きます。

家族全体の収入と支出を比べてみて、返せる可能性があるかどうかを探っていきます。

 

よくよく聞いていくと、実は離婚していた、とか、弟の保証かぶりがあったとか、両親の病気で医療費がかさんでるとか、いろいろな事情が見えてきます。

そのなかで、一番妥当な回収額を探ります。

 

一方で、貸してる側の都合もあるわけです。

年間でこれくらい返してもらわないと説明がつかないという金額のラインがあります。

それを超えればいいわけですが、そこまで達しない場合が多い。

そうすると、これはもう保証人にお願いせざるをえないですね。と話を持っていきます。

すると、たいてい「それは待ってくれ」と言ってきます。

ここで、こちら側の落としどころとなる金額を伝えることになります。

 

つまり、面談する前にシナリオができている必要があります。

こういえば、ああいう、ああいったら、こう返す、で、今日はここまで確保する。

というように頭のなかでストーリーをこしらえてから面談に望む。

そうでないと、想定外の発言があったときにパニックになってしまいます。

そのシナリオも、まず相手の情報がなければ作れません。

ですので、まず最初の面談のときに、先ほどのような内容をヒヤリングしておく必要があります。

 

続く。


関連記事

債権回収物語vol.10

vol.9より続く。   競売の話なんですね。当事者目録ができあがりましたとい

記事を読む

債権回収物語vol.4

vol.3より続く。 秋田は3/31まで吹雪き、4/1になるとぴったり吹雪が止まる。 そ

記事を読む

no image

ナンバープレートで住所が分かるか

売掛金の回収で相談がありました。 名前とナンバープレートは分かるが、それ以外は分からない。

記事を読む

債権回収物語vol.7

vol.6より続く。   さて何の話だったかというと競売申立書類のお話でした。

記事を読む

債権回収物語vol.6

vol.5から続く   そんなんじゃないよ楽しいだけ 止まらない衝動に従

記事を読む

債権回収物語vol1

「債権回収 熊本」で検索されている方が多いようなので、これから、「債権回収物語」を始めたいと思います

記事を読む

no image

所有者不明の森林・農地 57万ha H26.8.14日経

これも今日の日経からです。 相続のときに、相続登記をほったらかしにしていることがありま

記事を読む

債権回収物語vol.13

vol.12より続く。   さて、前にも書いたかもしれないけれど、私が担当して

記事を読む

債権回収物語vol.12

vol.11より続く   さて、最初の競売申立も終わり、全体像を眺めてみること

記事を読む

no image

債権回収

筆者は政府系金融機関に10年間勤務しました。 経理、融資の営業、融資の審査、債権管理、債権回収

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑