*

【新規就農2】青年就農給付金(経営開始型)

平成24年度から創設されたものです。

以下の要件があります。

ア 独立・自営就農時の年齢が、原則45歳未満であり、農業経営者となることについての強い意欲を示していること。

 

イ 次に掲げる要件を満たす独立・自営就農であること。

(ア)農地の所有権又は利用権を給付対象者が有しており、原則として給付対象者の所有と親族以外からの貸借が主であること。

(イ)主要な農業機械・施設を給付対象者が所有し、又は借りていること。

(ウ)生産物や生産資材等を給付対象者の名義で出荷・取引すること。

(エ)給付対象者の農産物等の売上や経費の支出などの経営収支を給付対象者の名義の通帳及び帳簿で管理すること。

(オ)給付対象者が農業経営に関する主宰権を有していること。

 

ウ 経営の全部又は一部を継承する場合は、継承する農業経営に従事してから5年以内に継承して農業経営を開始すること。なお、一戸一法人以外の農業法人を継承する場合は給付の対象外とする。

 

エ 経営開始計画が次に掲げる基準に適合していること。

(ア)農業経営を開始して5年後までに農業で生計が成り立つ計画であること。

(イ)計画の達成が実現可能であると見込まれること。

 

オ 人・農地プランに中心となる経営体として位置づけられ、又は位置づけられることが確実と見込まれること。

 

カ 原則として生活費の確保を目的とした国の他の事業による給付等を受けておらず、かつ、原則として農の雇用事業による助成を受けたことがある農業法人等でないこと。

 

キ 平成20年4月以降に農業経営を開始した者であること。

 

以上の7つの要件をクリアする必要があります。

 

給付金は一人当たり年間150万円です。給付期間は最長5年。

ですが、夫婦でやる場合で、家族経営協定を締結したりしていると、夫婦で年間225万円もらうことができます。

 

また、複数の青年就農者が農業法人を設立し、共同経営する場合には、その青年就農者それぞれに年間150万円がもらえます。

 

もちろん、農業経営を中止した場合などは給付が停止されますし、返還が請求される場合もあります。

 

手続としては、経営開始計画というものを窓口に提出することになります。


関連記事

no image

集落営農の消費税免税点

今朝は異業種交流会でした。朝早いというのはいいもんですね。    

記事を読む

no image

竹炭でCO2を密封(H26.6.3日経)

これも今日の日経。 今年はエルニーニョで冷夏だそうですが、地球温暖化対策のための取り組

記事を読む

no image

【新規就農1】認定就農者の認定申請と青年就農給付金(準備型)

従来は、「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」により、都道府県が認定する制度で

記事を読む

くまもと里モンプロジェクト

熊本里モンプロジェクトという熊本県の農業補助金があります。 「美しい景観の保全、創造」

記事を読む

no image

熊本の農業参入、九州トップ、全国4位

今日の日経からです。 熊本の過去5年間の農業参入は、県のまとめで87社、農水省のまとめ

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳2 第1章第1条

第1章 さいしょのきまりだぴょん 第1条 目的 1 この決まりは、あたしたちの間でTPP

記事を読む

no image

農業経営基盤強化準備金

青色申告をしていて、 認定農業者で、 経営安定対策交付金をもらっている方(要するに減反に

記事を読む

no image

自給飼料の増産 H26.8.27日農

H26.8.27の日農の論説です。分かりやすくまとめられていました。 畜産の離農が増えている要

記事を読む

no image

【NEWS LETTER】今月の農業経営〜地理的表示保護制度〜

〜メルマガからの転載です〜 熊本も暑くなってまいりました。 本日6/1は、私が行政書士登

記事を読む

no image

宮沢賢治と農業 H26.9.1日経

今日の日経からです。 宮沢賢治も、農業のコメ依存から脱却しようとしていたということで、

記事を読む

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑