*

農業の短期就労認めて

公開日: : 農業労務

先日の日経新聞によれば、 政府の経済財政諮問会議と産業競争力会議の民間議員が4日の両会議の合同会議に出す外国人材の活用に関する提言案がわかったそうです。

「現在は技能実習でのみ受け入れを認めている農業や製造業で、短期就労できるようにする新たな制度を検討すべきだと明記。女性の社会進出を後押しするため、家事を支援する人材の活用を解禁するよう求めた。」

実際、現在の日本農業は、中国人研修生など外国人の手が不可欠となっています。

しかし、劣悪な労働環境のためなのか、中国人が突然帰国してしまうとか、事件を起こしてしまうなどのトラブルが多いのも事実です。

突然帰国すると言い出されますと、退職金も払わねばならず、雇用主の負担は大きくなります。

また、それに代わる労働力もすぐに確保できるわけではありません。

逼迫した資金繰りの中、生産効率も悪化し、経営はピンチに立たされます。

安い労働力という観点のみから外国人研修生を使用するとなると、こういった問題が生じることに注意が必要です。

経営は、ヒト・モノ・カネが3要素と言われますが、ヒトに関するリスクの一つです。

だったら、初めから「労働力」ということにしよう。

ということから、上記のような諮問会議の提言案になったものと思われます。


関連記事

記事はありませんでした

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑