公庫と一口に言っても。

行政書士には、「公庫等金融機関への融資申込」が業務として認められています。

公庫とは、日本政策金融公庫のことです。

いわゆる政府系金融機関です。

昔は住宅公庫を初めとして、たくさんの政府系金融機関がありました。

これらは、預金を扱っておらず、郵便貯金を原資として融資をしていました。

ところが、小泉改革により、郵政民営化ということで、郵便貯金は民営化されます。

これは入り口なのですが、出口も改革しなければならないと。

出口にあたるのが、これら政府系の金融機関でした。

かくして、平成20年10月に、従来の

国民生活金融公庫

農林漁業金融公庫

中小企業金融公庫

国際協力銀行

の4つが統合されます(国際協力銀行は、数年後にまた分かれました)。

現在、「公庫」と名前がついているのは、この株式会社日本政策金融公庫と、沖縄振興開発金融公庫の2つです。

紛らわしいのは、「銀行」と名前がつく政府系で、「日本政策投資銀行」があります。

「日本政策」まで一緒ですので、混同されがちですが、まったく違います。ほぼ無関係です。

英語の略称ですと、日本公庫はJFC、政策投資銀行はDBJ、国際協力銀行はJBICになります。

また、日本公庫は一つになりましたが、旧3公庫で色々と違いがあります。

それについては、また。