*

売掛金のリスク

公開日: : 債権回収

農家さんは、これまで一般には農協に加入していました。

生産して出荷さえすれば、あとは農協が売ってくれました。よって、売掛金の回収など考える必要はなかったのです。

しかし、最近は農協に出荷しない農家さんも増えてきました。

市場出荷、直販などです。契約販売という形態もあります。

これら新しい販売形態になり、メリットがいくつもあります。

まず、価格を自分で決められること。

他の業界では、自分の作ったモノの価格を自分で決めるのは当たり前のことですが、その当たり前のことが、農協出荷ではできなかった。農協が決めていたわけです。

それを、労働対価に見合った金額で販売することができる。付加価値をつけて高く販売し、利潤を稼ぐこともできる。これはメリットです。

次に、品質を高められること。

農協出荷では、たくさんの農家さんの生産物が一緒くたにまとめられてしまいます。

せっかく、自分が高品質のものを生産しても、手を抜いている他の農家さんの生産物と一緒になってしまい、品質が悪い意味でならされてしまう。

これでは、頑張って作った甲斐がありません。

自分で作ったものを自分で売れば、「私が作った」と胸を張って言えます。

こういう理由から、特に大規模農家ほど、農協と取引を経ち、いわゆる「系統外出荷」を始めるようになっていきました。

そこで問題となったのが、売掛金です。

販売した、そのお金をニコニコ現金払いで買ってくれれば、リスクゼロです。

しかし、後で払ってもらう契約にしていた場合、それは「売掛金」として計上されます。

ここで、売掛金をきちんと回収できるか、つまり売上をきちんと現金化できるか、が資金繰りの大きなポイントになります。

ここが、農協まかせの時代にはなかった、新しい農家の悩みの一つとなりました。

そして、このトラブルにより、経営が傾く農家も現実にいるのです。


関連記事

債権回収物語vol.10

vol.9より続く。   競売の話なんですね。当事者目録ができあがりましたとい

記事を読む

債権回収物語vol.13

vol.12より続く。   さて、前にも書いたかもしれないけれど、私が担当して

記事を読む

債権回収物語vol.4

vol.3より続く。 秋田は3/31まで吹雪き、4/1になるとぴったり吹雪が止まる。 そ

記事を読む

債権回収物語vol.2

vol.1https://h-maenosono.com/債権回収/289.htmlから続く

記事を読む

債権回収物語vol.12

vol.11より続く   さて、最初の競売申立も終わり、全体像を眺めてみること

記事を読む

債権回収物語vol1

「債権回収 熊本」で検索されている方が多いようなので、これから、「債権回収物語」を始めたいと思います

記事を読む

債権回収物語vol.8

vol.7より続く   競売するときに、物上保証人が亡くなっていて、相続登記が

記事を読む

債権回収物語vol.9

vol.8より続く。   物上保証人が亡くなっている場合の話です。 まず

記事を読む

債権回収物語vol.5

vol.4に続く   競売するにあたり、まず現地を見に行く。 農家を対象

記事を読む

no image

債権回収

筆者は政府系金融機関に10年間勤務しました。 経理、融資の営業、融資の審査、債権管理、債権回収

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑