*

債権回収物語vol.5

公開日: : 債権回収

vol.4に続く

 

競売するにあたり、まず現地を見に行く。

農家を対象としており、秋田は10人農家がいれば9人はコメ農家みたいなところがあるから、担保といってもほとんど田んぼだった。

田んぼを見るとき、ポイントがいくつかある。

一つは、形と広さだ。せめて1反くらいはないと売れそうにない。

1反とは、10アール、1,000㎡、333坪である。

よく、テレビで300坪の超広い物件!なんてやったりしているが、農家的には300坪なんて問題にならない狭さだ。

基盤整備といって、区画整理をしてある土地であれば、だいたい3反で区画されている。広いところでは、5反区画のところもある。

大潟村にいくと、1町歩区画だったりする。1町とは1ヘクタールのことだ。

形も長方形でないと、トラクターが入りにくい。三角形だったりすると、これも農家がいやがって買い手がつきにくい。

基盤整備されているところのポイントとしては、土地改良区の賦課金を滞納しているかどうかが問題となる。

土地改良区とは、いわば区画整理事業の補助金の受け皿みたいな団体である。農業に関わりの薄い人にとっては、これが団体を意味することすら知られていないが、農業においては、極めて重要なステークホルダーの一つである。

この区画整理事業(土地改良事業というのが普通だが)は、ほとんどが補助金だが、一部は自己負担がある。その自己負担分は、農家から、賦課金として徴収する。これを延滞している人がいるのですね。

そして、こちらを延滞しているような人は、だいたい土地改良区の賦課金も延滞しているのである。

そうすると、その賦課金は、人についているのではなく、土地についている(土地改良法にそう書いてある)ので、土地を買った人が延滞している分も払わないといけないのですね。

そのため、土地改良区の賦課金の延滞分が、競売にかける土地の評価額から引かれて評価することがある(裁判所によって違うようだが)。

そうなると、土地の評価がただでさえ競売で安いのに、余計安くなるわけです。

するとですね、競売するのにもお金がかかるので(これはあとで述べる)、費用倒れという事態が発生するのです。

そうなると、競売は中止になってしまい、一方、競売のため払った費用は返ってこないので、「損するだけ」になってしまうのですね。

だから、競売しようにも競売できんよ、ということがあるわけです。

ただまあ、「だから担保は処分できない」という疎明の資料にはなります。

(つづく)


関連記事

no image

売掛金のリスク

農家さんは、これまで一般には農協に加入していました。 生産して出荷さえすれば、あとは農協が売っ

記事を読む

no image

債権回収

筆者は政府系金融機関に10年間勤務しました。 経理、融資の営業、融資の審査、債権管理、債権回収

記事を読む

債権回収物語vol.6

vol.5から続く   そんなんじゃないよ楽しいだけ 止まらない衝動に従

記事を読む

債権回収物語vol.3

vol.2より続く。   償却について、もう少し書いてみよう。 償却のた

記事を読む

no image

ナンバープレートで住所が分かるか

売掛金の回収で相談がありました。 名前とナンバープレートは分かるが、それ以外は分からない。

記事を読む

債権回収物語vol.2

vol.1https://h-maenosono.com/債権回収/289.htmlから続く

記事を読む

債権回収物語vol.8

vol.7より続く   競売するときに、物上保証人が亡くなっていて、相続登記が

記事を読む

no image

所有者不明の森林・農地 57万ha H26.8.14日経

これも今日の日経からです。 相続のときに、相続登記をほったらかしにしていることがありま

記事を読む

債権回収物語vol.12

vol.11より続く   さて、最初の競売申立も終わり、全体像を眺めてみること

記事を読む

債権回収物語vol.11

vol.10より続く。   競売の失敗談を。 ある長期延滞者がありました

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑