*

ナラシ特例措置 

公開日: : 農業コンサルタント

今日の日農からです。

ーーーーー

農水省は2014年産コメで、収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)の特例措置を講じる。コメに限り、面積要件を満たしていない小規模農家も財源の拠出なしで、一定の補填が受けられる。ただ、単年度限りの措置で、補填水準はナラシ対策よりも低い。農家経営がどこまで安定するかは未知数だ。一方で、ナラシ対策は15年産から面積要件を廃止する。農水省は今回の特例措置を通じ、ナラシ対策への加入を促す考えだ。

ーーーーーー

ということで、コメの価格が安くなってきてますので、緩和対策を取るということです。

ナラシ対策とは、

ーーーーーー

ナラシ対策はコメや麦、大豆などの対象品目の収入を合算し、都道府県単位で算出した当年産の収入が標準的収入を下回れば差額の90%を補填する。財源は農家と国が1対3の割合で拠出する。

ーーーーーー

というものです。そして、

ーーーーーー

14年産は面積要件が残っている。このため現行のナラシ対策に加入できない農家向けに、14年産はコメに限って特例措置を設ける。ナラシ対策が発動したら、対策に加入していない農家も、特例措置で財源拠出なしで一定の補填を受けることができる。特例措置を設けたのは、米価変動補填交付金(変動部分)が廃止されたことも背景にある。

ーーーーーーー

ということです。

一定の面積がある担い手の経営を安定させるための政策だったと思うのですが、面積要件がなくなることで、バラマキ型の政策に戻ったという批判が出てくるでしょう。

ーーーーーーー

面積の大小に関係なく、認定農業者か集落営農組織、認定新規就農者のいずれかに該当すれば加入できる。

ーーーーーーー

ということで、あくまで認定農業者に限っているので、バラマキではないと政府側は反論するのでしょうね。

まとめますと

2014年産のナラシ対策:対象は認定農業者、集落営農。面積要件あり。補填割合90%。農家の財源拠出あり。

今回の米の特例措置:対象は米の直接支払交付金加入者。面積要件なし。補填割合34%。農家の財源拠出なし。

これが来年になると

2015年産のナラシ対策:対象は認定農業者、集落営農、認定新規就農者。面積要件なし。補填割合90%。農家の財源拠出はあり。

ということになります。

今回の特例措置は今年だけということです。


関連記事

no image

パストラル社長と会食。

熊本のアイスといえば、パストラル。市原社長のお話をお聞きしてきました。 里山で生産現場をプロデ

記事を読む

no image

新たな機能性表示制度 H26.9.8日農

すべての食品について、機能性を表示できる仕組みが来年度からスタートするようです。 消費者庁への

記事を読む

no image

消費税が上がれば得する業態

消費税が上がって、のど元を締め上げられるように経営が苦しくなる中小企業が増えています。 ところ

記事を読む

no image

農業補助金について日経と日農の違い

今日の新聞に農業補助金のニュースが出ています。 日経ではこう書かれていました。 ーーーー

記事を読む

no image

農業経営基盤強化準備金

青色申告をしていて、 認定農業者で、 経営安定対策交付金をもらっている方(要するに減反に

記事を読む

no image

JAバンクの金融を中金に移すというが(H26.5.14日経)

JAバンクの金融業務を農林中金と信連に移すそうです。 実態として、農林中金も信連も単位農協を窓

記事を読む

no image

農業経営アドバイザーミーティング

10/20〜21に東京にて農業経営アドバイザーのミーティングがありました。 シェアできる範囲で

記事を読む

no image

無料セミナー「マイナンバーと農業経営」

「農業 補助金 行政書士」で検索すると、当方のページが1位に出てくるようです。  

記事を読む

no image

青年等就農資金

今年から、日本政策金融公庫にて「青年等就農資金」の取扱が開始されています。 といっても、県や市

記事を読む

no image

集落営農の消費税免税点

今朝は異業種交流会でした。朝早いというのはいいもんですね。    

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑