*

青年等就農資金

今年から、日本政策金融公庫にて「青年等就農資金」の取扱が開始されています。

といっても、県や市町村の条例改正が必要なため、まだ本格的に始まってはいません。

熊本県では、9月末をめどに条例改正を行うとしており、実質10月からスタートの資金です。

無利子、無担保、無保証(代表者は取るみたいですが)の有利な資金です。

ただし、認定新規就農者限定です。

この認定新規就農者というのは、青年等就農計画を作成し、市町村が認定した人ということで、これも実質10月からスタートの制度になります。

 

この青年等就農支援資金、国内では佐賀で第1号が融資されましたが、第2号はまだです。

全国でもまだ1件しか実績がない手探りの制度です。

 

青年等就農計画は、認定農家になるための農業経営改善計画と同様、行政書士の業務でもあります。

市町村によって取り組み意欲に違いがあるようです。

専門家にお問い合わせを!


関連記事

no image

食品の軽減税率

9/14の日農の論説に出ていました。要するに、 食品の軽減税率が措置されると、農家は還付金を受

記事を読む

no image

今後の為替の方向感

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どうい

記事を読む

no image

熊本の農業参入、九州トップ、全国4位

今日の日経からです。 熊本の過去5年間の農業参入は、県のまとめで87社、農水省のまとめ

記事を読む

ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ

小冊子「ここだけの話ですが。融資で損しないための30のコツ」ほぼ完成しました。 目次は、こんな

記事を読む

no image

消費税が上がれば得する業態

消費税が上がって、のど元を締め上げられるように経営が苦しくなる中小企業が増えています。 ところ

記事を読む

no image

農業の補助金

農業の補助金について、H21の『農業経営者』に特集が組まれていました。 要約するとこういうこと

記事を読む

no image

植物工場が次々と H26.9.4日経

植物工場が次々とできているようです。 以前は、レタスなどの葉ものが中心だったと思いますが、最近

記事を読む

no image

自給飼料の増産 H26.8.27日農

H26.8.27の日農の論説です。分かりやすくまとめられていました。 畜産の離農が増えている要

記事を読む

no image

パストラル社長と会食。

熊本のアイスといえば、パストラル。市原社長のお話をお聞きしてきました。 里山で生産現場をプロデ

記事を読む

no image

農業経営アドバイザー事前試験

先日、農業経営アドバイザーの事前試験を受けました。 農業簿記です。 農協に委託販売したと

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑