*

農地の区分

公開日: : 農地転用サポート

農地を転用したいとなったとき、まず確認しなければならないのは、農地の区分です。

農地、といってもいろいろあるのです。

まず、農振農用地。これの区域だと、まず転用は難しいです。

次に甲種農地。10ha以上、農地が広がっていて、道路もそこそこ広く、高性能農業機械が入るところです。ここも原則不許可ですので、許可を受けるのはハードルが高いです。

そして、第1種農地。これも10ha以上ですが、高性能農業機械までは入らない、というところです。ここも原則不許可なのですが、甲種よりは緩く、それなりの理由があれば許可されるようです。

ほかに、第2種農地、第3種農地があります。

基本的に、農地が広がっているところは、農地として使うように!ということですね。

農地で何らかの事業をやりたいとなったら、まずそこが転用できるのかどうか、見込みを農業委員会に確認することが第一歩です。


関連記事

no image

熊本市で小規模多機能型居宅介護施設を建てるときの流れ

熊本市の市街化調整区域に、小規模多機能型居宅介護施設を建てるときの流れは以下のようになります。

記事を読む

no image

農地転用とドラゴンボール

農地転用には、4条許可と5条許可とがあります。 所有者が変わらないのが4条、変わるのが5条許可

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑