*

青年就農給付金 熊本がトップ H26.10.10日農

先日の日農の記事です。

熊本は、やはり農業が元気なほうだと思いますね。

農協が組織的に動いた結果だと県は分析しているそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

45歳未満の新規就農者や就農予定者に年間150万円を国が助成する青年就農給付金の2013年度給付実績で、熊本県が全国1位となった。農水省が給付実績を公表した。熊本県では、独自に体系的な研修ができる研修機関を認定し、JA熊本中央会が研修を指導し、地域に合った人材育成を図る事業を展開した結果と分析している。

国では、青年の就農意欲の促進と就農後の定着を図るため、12年度から給付事業を開始。熊本県の13年度実績は、就農予定者が研修を受ける準備型(最長2年)が68人、新規就農者の経営安定を支援する経営開始型(最長5年)が572人の合計640人と、全国トップとなった。

県では、新規就農者の効率的な就農定着を図るため、7JAを含む11施設を研修機関の受け皿に認定し、作物別の年間研修計画の経費を助成。JA熊本中央会は、各JAの研修体制を指導・サポートし、地域が主体となった新規就農者の育成、確保に寄与してきた。

全国では、準備型2195人、経営開始型7890人の合計10085人。九州では10位以内に鹿児島(3位)、福岡(6位)、沖縄(8位)、宮崎(10位)の各県が入っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


関連記事

no image

九州は出生率が高い(H26.6.5日経)

言うまでもなく人口は経済の重要なファクターですが、日本は人口減が続いています。 ピーク

記事を読む

no image

出口戦略から考える農業経営

先日、日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業が主催する「平成27年食と農林漁業者の交流会INくまもと」

記事を読む

no image

農協改革(H26.6.11日経)

日経から。 向こう5年を集中改革期間とするそうです。 記事を読むと、全中は結局看

記事を読む

no image

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   -

記事を読む

no image

生物売却収入

農業において、牛、豚などは「生物」という固定資産です。 固定資産を売ったとき、どんな仕訳になる

記事を読む

no image

耕作放棄地の課税強化 H26.9.10日経

耕作放棄地の固定資産税を増税するようです。 農地を貸した人には固定資産税をゼロにするこ

記事を読む

no image

新マルキン2ヶ月連続発動 H26.9.10日農

肉用牛には新マルキンという補助金がありますが、2ヶ月連続で発動されたそうです。今後も発動が続くようで

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳 第1章第2条、第2章第1条

TPPの対策関連予算ができつつあるそうです。 柱は、土地改良と、畜産クラスターと、産地パワーア

記事を読む

no image

【新規就農1】認定就農者の認定申請と青年就農給付金(準備型)

従来は、「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」により、都道府県が認定する制度で

記事を読む

no image

集落営農の消費税免税点

今朝は異業種交流会でした。朝早いというのはいいもんですね。    

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑