*

青年就農給付金 熊本がトップ H26.10.10日農

先日の日農の記事です。

熊本は、やはり農業が元気なほうだと思いますね。

農協が組織的に動いた結果だと県は分析しているそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

45歳未満の新規就農者や就農予定者に年間150万円を国が助成する青年就農給付金の2013年度給付実績で、熊本県が全国1位となった。農水省が給付実績を公表した。熊本県では、独自に体系的な研修ができる研修機関を認定し、JA熊本中央会が研修を指導し、地域に合った人材育成を図る事業を展開した結果と分析している。

国では、青年の就農意欲の促進と就農後の定着を図るため、12年度から給付事業を開始。熊本県の13年度実績は、就農予定者が研修を受ける準備型(最長2年)が68人、新規就農者の経営安定を支援する経営開始型(最長5年)が572人の合計640人と、全国トップとなった。

県では、新規就農者の効率的な就農定着を図るため、7JAを含む11施設を研修機関の受け皿に認定し、作物別の年間研修計画の経費を助成。JA熊本中央会は、各JAの研修体制を指導・サポートし、地域が主体となった新規就農者の育成、確保に寄与してきた。

全国では、準備型2195人、経営開始型7890人の合計10085人。九州では10位以内に鹿児島(3位)、福岡(6位)、沖縄(8位)、宮崎(10位)の各県が入っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーー


関連記事

no image

九州は出生率が高い(H26.6.5日経)

言うまでもなく人口は経済の重要なファクターですが、日本は人口減が続いています。 ピーク

記事を読む

no image

省エネ補助金が拡大 H26.8.26日経

今日の日経からです。 省エネ補助金の枠が広がるそうです。 燃油代の高騰、電気料金

記事を読む

no image

イオン、農地バンク活用 H26.10.7日経

今日の日経のトップ記事です。 高齢化で担い手がいなくなる農地に、大企業が農地バンクを経由して入

記事を読む

no image

パストラル社長と会食。

熊本のアイスといえば、パストラル。市原社長のお話をお聞きしてきました。 里山で生産現場をプロデ

記事を読む

no image

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイ

記事を読む

no image

トップページを更新

トップページとプロフィールページを書き直しました。 いかがでしょうか。。

記事を読む

no image

農協改革(H26.6.11日経)

日経から。 向こう5年を集中改革期間とするそうです。 記事を読むと、全中は結局看

記事を読む

no image

卸・中食、産地に接近 H26.8.14日経

今日の日経からです。 農家が作りたい米と、中食産業などが買いたい米とのミスマッチが続い

記事を読む

no image

酪農の流通 H26.8.23日農

今日の日農からです。 熊本は西日本最大の酪農地帯ですので、TPPの影響を大きく受けると思います

記事を読む

くまもと里モンプロジェクト

熊本里モンプロジェクトという熊本県の農業補助金があります。 「美しい景観の保全、創造」

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑