無料セミナー「マイナンバーと農業経営」

「農業 補助金 行政書士」で検索すると、当方のページが1位に出てくるようです。

 

マイナンバー法により、10月にはマイナンバーが国民一人一人に配布され、来年1月からは実務がスタートすることになります。

大企業でも77%がよく分からないと回答しており、国の職員からもよく分からないという声が聞こえてきますが、待ったなしの対応が求められます。

しかも、違反したら、罰則が待っています。

これまで、個人情報保護法では、5000以上の個人情報を管理する者が罰則の対象でしたが、これからは1つでもマイナンバーと関わっていれば、厳格な個人情報保護体制が求められます。

これは、農業経営にとっても例外ではありません。

労務管理、税務申告、だけではなく、幅広い対応が求められます。

そこで、「マイナンバーと農業経営」と題して、無料セミナーを行うことにしました。

 

日時 7/29(水) 19:00〜20:30

場所 パレア(熊本市中央区手取本町8−9、鶴屋10階)会議室6

講師 行政書士 前之園博一

料金 無料

 

今から準備しておくことが大事だと思います。