*

農業のIT活用

公開日: : 農業コンサルタント ,

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。

 

【内容のポイント】

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

○放牧地の草地管理を効率化する支援システムを農研機構が開発。ムダ、ムラをなくすことで、肥料の使用を2割減らすことができる。GIS(地理情報システム)とクラウドを組み合わせたもの。

○23社・団体が農業データ連携基盤協議会(通称WAGRI)を設立して、農業データを一元化する。生産、技術、流通、消費に関る企業も参加を募る。年内に試験運用を開始。内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一環。

○NTT東日本などは、圃場で温度などを測定したデータの収集に新たな電波の利用を開始。LPWA(Low Power Wide Area)と呼ばれるもので、LTEやWiFiとは異なる。5キロの範囲で通信が可能。福島県で運用が始まっており、NTT東日本の場合通信料は無料。auも携帯電話料金より安くできるとのこと。大量のセンサーで、小さいデータを集めて分析するのに向いている。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【経営へのヒント】

 

製造業などでは比較的システム化が早く進みました。

MRP(資材所要量計画:在庫管理の観点からの生産計画)が進化し、MRP2(製造資源計画:人員、設備、費用も含めた生産計画)となり、さらにERP(統合基幹業務システム:会計、人事も含めた組織全体の計画)となりました。最近はクラウド型のERPもあります。

キーワードは、経営資源の見える化です。

おそらく、農業も、現在はMRPやMRP2の段階のようなシステムが多いですが、いずれはERP的なものへ進むのではないかと思います。

システムを導入する際に必要なことは、導入によって何が得られるのか、自社にとってメリットがあるのかが「見える化」されているかどうかだと考えます。

ただ流行に乗ればいいというものではありませんね。


関連記事

no image

農福連携 H26.8.23日農

これも興味深い記事でした。 農業と福祉との連携で、農福連携です。 ーーーーーーーーーーー

記事を読む

くまもと里モンプロジェクト

熊本里モンプロジェクトという熊本県の農業補助金があります。 「美しい景観の保全、創造」

記事を読む

no image

今後の為替の方向感

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どうい

記事を読む

no image

トップページを更新

トップページとプロフィールページを書き直しました。 いかがでしょうか。。

記事を読む

no image

台湾 農訓協会の研修

H29.8.17の日本農業新聞より。 台湾では、農会(農協)の教育部門を担う「農訓協会」が、「

記事を読む

no image

農協改革(H26.6.3日経)

これも今日の日経から。 農協系統機関は、単位農協(市町村単位)〜県段階〜全国段階と3段

記事を読む

no image

TPP女子高生翻訳1 序文

TPPの対策が種々取られようとしています。 そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたい

記事を読む

no image

集落営農の消費税免税点

今朝は異業種交流会でした。朝早いというのはいいもんですね。    

記事を読む

no image

農業への理解

農業は、建設業などの他分野とは違い、ものを作る(make)ではなく、ものを育てる(grow)産業です

記事を読む

no image

青年等就農資金

今年から、日本政策金融公庫にて「青年等就農資金」の取扱が開始されています。 といっても、県や市

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑