*

JA柏崎の担い手経営コンサルティング内容

H29.8.21の日本農業新聞に、新潟県のJA柏崎の担い手への経営コンサルティング事業が紹介されています。地域農業の担い手に出向くJA担当者(愛称TAC)による「農業者所得20%アップ2020」活動を展開しています。

【内容のポイント】

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

・最初のポイントは、経営のベースとなる水稲。水稲の収量が不安定だと、経営も安定しない。

・経営規模が急に大きくなると、注意が行き届かなくなりがちな肥培管理や雑草防除など基本技術の見直しを促す。

・追肥はJAが連携して生育調査。調査結果は水田に看板を設置して周知する。

・収益性向上のため園芸作物の導入を提案(ここでは、エダマメとタマネギ)。

・全農と連携し、機械化一貫体系に必要な農機を貸し出す事業を実施。

・エダマメの調製、タマネギの乾燥はJAが実施。

・費用面では、農機・施設の投資が過剰になっていないか確認。

・あわせて生産コスト低減に受け、安価な肥料・農薬を提案。

・重要なのは「担い手が自分で計画を作って実行し、評価・改善をすること。自立的に発展できるよう支えたい」

・(農)まつだ生産組合は、経営診断の結果、水稲の収量増を目指すことからはじめた。改善点を数字で示すことで納得感を得られている。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【経営へのヒント】

流れとしては、経営診断(財務診断含む)→収量アップ→コスト削減→利益拡大という感じです。

むろん、売上は、

単収×単価×面積

ですから、収量を変えずに単価を上げる、あるいはいずれも変えずに規模を増やすという選択肢もありえますが、経営診断の結果をもとに考えるべきところです。

重要なことは、農業経営者自身が計画(PLAN)→実行(DO)→評価改善(SEE)のサイクルを回せるようになることだという指摘には同意します。

 


関連記事

no image

宮沢賢治と農業 H26.9.1日経

今日の日経からです。 宮沢賢治も、農業のコメ依存から脱却しようとしていたということで、

記事を読む

no image

食品の軽減税率

9/14の日農の論説に出ていました。要するに、 食品の軽減税率が措置されると、農家は還付金を受

記事を読む

no image

全農を株式会社化(H26.6.7日経)

今日の日経です。 全中の解体、全農の株式会社化はもう既定路線のようですね。 全中

記事を読む

NPO法人の設立について

NPO法人についてまとめてみました。 正式には特定非営利活動法人。 1 要件 ・  社

記事を読む

no image

新農相の経歴 H26.9.4日農

1年半ほど続いた林農相から、西川公也氏に農相が代わりました。 今日の日農にどんな人物か、経歴が

記事を読む

くまもと里モンプロジェクト

熊本里モンプロジェクトという熊本県の農業補助金があります。 「美しい景観の保全、創造」

記事を読む

no image

TPP女子高生風和訳2 第1章第1条

第1章 さいしょのきまりだぴょん 第1条 目的 1 この決まりは、あたしたちの間でTPP

記事を読む

no image

九州は出生率が高い(H26.6.5日経)

言うまでもなく人口は経済の重要なファクターですが、日本は人口減が続いています。 ピーク

記事を読む

no image

集落営農の消費税免税点

今朝は異業種交流会でした。朝早いというのはいいもんですね。    

記事を読む

no image

自民、全中に刷新迫る(H26.6.10日経)

今日の日経です。 先日、規制改革会議が全中の廃止などを提言したのを受けて、自民党が対応

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑