*

「GAPする」と「GAP取る」

公開日: : 農業コンサルタント ,

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。

【内容のポイント】

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

・「GAPする」:作業の点検。記録、確認をすること

農薬や肥料ごとに分けて整理していますか
農機具や道具の置き場を決めていますか
作業の前に健康状態は確認していますか
どこで作業をしているか、家族などに伝えていますか
農機具は定期的に整備していますか
農薬保管庫に鍵は掛かっていますか
農薬散布のときは、作業着でマスクもしていますか
農薬使用後は散布機を洗浄していますか
農薬使用後に手を洗っていますか
10 農薬や廃液は正しく処分していますか
11 肥料基準を考慮して施肥していますか
12 薬剤散布や施肥後に記録を付けていますか
13 農薬はラベルを確認して正しく使っていますか
14 収穫前に農薬の最終使用日を確認していますか
15 収穫専用のコンテナで収穫していますか
16 収穫器具は洗浄や消毒をしていますか
17 収穫後に使用器具の数量を確認していますか
18 出荷調製場所はまめに掃除していますか
19 出荷調製場所で飲食や喫煙をしていませんか
20 出荷調製作業の前にはしっかり手を洗っていますか

(出典:H29.8.22付け日本農業新聞記事)

・「GAP取る」:第三者の認証を得て流通段階の付加価値を高めること

・GAPすることのメリット:経営改善(ムダが減る)、食品安全の強化、作業の安全、信頼性向上

・グローバルGAPは国内400経営体、JGAPアドバンスは600経営体が取得。コンサル費用が25~55万円、審査・登録料が毎年10~55万円。審査期間は6ヶ月かかることもある。

・GAPする→GAP取るの流れ

食品安全→環境保全→労働安全→人権保護→農場経営管理→商品回収テストの実施

ーーーーーーーーーーーーーーー

【経営へのヒント】

 

GAPとは、Good Agricultural Practiceの略で、良い農業の実践という意味です。

GAP取得のための補助金が用意されたため、そちらのほうに注目が集まりがちですが、その前にGAPしているか?ということが問われます。

項目を見ると、一般企業でいうところの5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)の実践に近いですね。

農家さん宅に伺うと、書類が机の上に山になっている光景をよく見かけます。

大事な情報を探すのに時間がかかることもしばしばあります。補助事業の公募の案内が来ていたのに、開いてみたときには、公募終了後だったなんていう話も、よくあります。

整理整頓は実はかなり重要なことだと思います。


関連記事

no image

農協改革(H26.6.3日経)

これも今日の日経から。 農協系統機関は、単位農協(市町村単位)〜県段階〜全国段階と3段

記事を読む

no image

障がい者雇用と農業 H26.8.12日経

今日の日経の夕刊です。 園芸療法というのが注目されたことがありました。 精神障害

記事を読む

no image

コメ、産地が安値販売の見方も H26.9.4日経

そろそろ新米で出回る時期ですが、今年は在庫が多いため、安値になりそうです。 西日本は「

記事を読む

no image

九州は出生率が高い(H26.6.5日経)

言うまでもなく人口は経済の重要なファクターですが、日本は人口減が続いています。 ピーク

記事を読む

no image

農業経営アドバイザーミーティング

10/20〜21に東京にて農業経営アドバイザーのミーティングがありました。 シェアできる範囲で

記事を読む

no image

【新規就農1】認定就農者の認定申請と青年就農給付金(準備型)

従来は、「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」により、都道府県が認定する制度で

記事を読む

no image

弁護士たちと意見交換

大学の同期の弁護士や、先輩の一級建築士の方といろいろ話しました。 行政書士のサービスってのは、今後

記事を読む

no image

新たな機能性表示制度 H26.9.8日農

すべての食品について、機能性を表示できる仕組みが来年度からスタートするようです。 消費者庁への

記事を読む

no image

コーヒーかす飼料化 H26.9.9日農

コーヒー豆のかすを飼料に混ぜると、乳房炎が減るそうです。 スタバと酪農とのコラボ、興味深い取り

記事を読む

no image

自民、全中に刷新迫る(H26.6.10日経)

今日の日経です。 先日、規制改革会議が全中の廃止などを提言したのを受けて、自民党が対応

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-295-2455

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑